SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) クッカー X-ポット4.0L

前回の記事でX-セットとX-パンのことを書きましたが、それを買いに行ったときに表題のポットを見つけちゃいましてね。
取り置きしてもらってなかったんですが、ついでということで連れて帰ってきました。

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) クッカー X-セット33 & X-パンの記事はこちらです。
http://tamackey.blog.fc2.com/blog-entry-1003.html

R0226875.jpg R0226878.jpg



使用時はビヨ〜ンと伸ばしてこんな感じ。
容量は4Lです。
4人で鍋ができそうな大きさです。
R0226880.jpg



内側には対角線にリットルとカップの目盛りがあります。
R0226909.jpg R0226910.jpg



蓋には湯切り用の穴。
パスタを茹でるときとか便利です。
R0226881.jpg



取っ手は収納時に蓋をロックできます。
R0226883.jpg



底面はアルミニウム。
炎は線の内側までに調整します。
R0226924.jpg R0226925.jpg



これにX-セット33 & X-パンがスタッキングできると最高〜
と思ったのでやってみました。
入ることは入るけど高さが微妙・・・
R0226911.jpg R0226914.jpg



蓋を閉めてみるとやっぱりね。
閉まることは閉まるしロックもできるけど、蓋が歪んで隙間が空いてます。
R0226916.jpg R0226917.jpg



X-パンの畳んだ取っ手の高さが余分みたい。
R0226899.jpg R0226896_201704291837394f6.jpg



X-パンを外してX-セットだけ入れてみました。
R0226918.jpg



さっきよりはマシだけどまだ蓋が浮いてる。
設計ミスですな。
中央の取っ手の分だけ浮いてるような気がする。
蓋を少しだけ高くすれば問題ないのに。
R0226922.jpg R0226923.jpg



まあ、これらのことをお店でやってから買ってきたのでいいんですけどね。
無理すればスタッキングできると言うことで。

これまた使用する機会が見つかりませんが、高尾山とかで鍋するのにいいですね。







アマゾンはどれもナイスプライスなので、もう少し待つかお店で買いましょう。







気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) クッカー X-セット33 & X-パン

表題の鍋とヤカンのセットとフライパンを買ってみましたよ。
スキーに行くとき使うかもと思って、2月に何軒かアウトドアショップに電話して、これらをやっと購入したはいいが、未だに使ってないですけど。
R0226856.jpg R0226860.jpg



ホントはX-セット32というものを買えば同じだったんですが、実は今シーズンからシートゥサミットは輸入代理店がキャラバンからロストアローに変わるみたいで、商品は店頭在庫しかないようです。
X-セット32は見つけることができませんでした。
X-セット32



X-セット33は鍋とヤカンのセットです。
このシリーズの特徴は、ご覧のように側面がシリコンでできていて折り畳めます。
しかも鍋の中にヤカンがスタッキングできるんですね〜
鍋の取っ手で蓋をロックして取れないようになってます。
R0226865.jpg R0226867.jpg
R0226861.jpg



薄っぺらくなるので限りあるザックの容量に余裕ができます。
でもオイラは山でも家でも料理はしませんけどね〜

鍋の蓋には湯切り穴が空いてます。
R0226900.jpg R0226902.jpg



鍋の内側には対角線にリットルとカップの目盛りがあります。
1カップ何CCかわかりませんけど。
調べてみたら日本では200cc、アメリカでは240ccみたい。
R0226929.jpg R0226903.jpg



ヤカンには外側に目盛りがあります。
R0226906.jpg



注ぎ口
R0226904.jpg



底面はアルミです。
火にかけるときは炎が線からはみ出さないように調整する必要があります。
R0226868.jpg R0226926.jpg




ヤカンにはバンド付き。
ヤカンにはX-マグを2個スタッキングできるので、ヤカンとマグだけ持って外でお茶するときはバンドで止めるといいですね。
R0226908.jpg



フライパンは取っ手が畳めます。
R0226863.jpg R0226862.jpg
R0226896.jpg



この3つをスタッキングするとこんな感じ。
コンパクトですね〜
R0226859.jpg R0226858.jpg
R0226870.jpg



いつ使うかは謎ですが・・・
そのうち使うでしょう。



そうそう、以前書いたシートゥサミットの食器の記事です。
SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) Xシリーズセット2pcs
http://tamackey.blog.fc2.com/blog-entry-849.html

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) X-カップ
http://tamackey.blog.fc2.com/blog-entry-841.html





クッカー X-セット33
• 素材:X-ポット2.8L/シリコン&アルミ(底面)、X-ケトル/シリコン&アルミ(底面)
• サイズ:X-ポット2.8L/21×3~11cm、X-ケトル/約15.5cm×15.5cm×9cm
• 重量:約566g(合計)

X-パン
• [X-ポット2.8L]の外側にぴったりスタッキングできます。
• 素材:アルミ&シリコン(持ち手)
• サイズ:21×3.5cm
• 重量:約245g
• 耐熱:-40~180℃







アマゾンはどれもナイスプライスなので、もう少し待つかお店で買いましょう。







気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

エバニュー スライドストック「KONGOU(こんごう)」

廃番につき安売りしてたので金剛杖を買ってみましたよ。
金剛杖と言うより、金剛杖をモチーフに作られた、グリップと最大シャフトが木製のストックです。
木製のシャフト部分は8角形になっていて、焼印も押せます。
R0226841.jpg R0226853.jpg
R0226843.jpg R0226842.jpg



長さは63cm〜130cm。
最小シャフトにはストップが書かれているところまで目盛りがありません。
ストップ以上伸ばすとすっぽ抜けます。
R0226845.jpg



中段のシャフトには110cm〜130cmまで1cm刻みで目盛りがあります。
これは小シャフトをストップまで伸ばして中段で長さを調節するって事みたい。
普通は両方とも目盛りがありますね。
R0226846.jpg R0226847.jpg



先端にはもちろん石突きが付いてます。
R0226844.jpg



愛用のグリップウェルと比べると畳んだ状態はちょっとだけ長いです。
でも重さは全然違う。
グリップウェルはカーボンスーパーライトなので、1本195g。
KONGOUは1本360g。
木製部品があるのでちょっと重いですね。
R0226852.jpg



GRIPWELL グリップウェル カーボンスーパーライトの記事はこちらです。
http://tamackey.blog.fc2.com/blog-entry-597.html


あまり使うことはないと思うけど、焼き印のある山に行くときは持って行こうと思います。
とりあえずは次回の富士山かな。




【仕様】
ショック吸収スプリング内蔵
超々ジュラルミン(7001)パイプ(径16、14、12)
ジュラストック3段
木製Iグリップ
ロングタイプ
石突プロテクター・小リング付(脱着式)

寸法:63~130cm
重量:360g(付属品含む)






KONGOUは1本売りなので、2本欲しい方は2つ買う必要があります。





アマゾンだとこんな感じ。
 



気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

サーモマグ 日清カップヌードル コラボフードコンテナ

カップヌードルのロゴが入ったフードコンテナを買ってみましたよ。
限定だというので買ってはみたものの、使わないような気がする。
冬山にも行かないし、なんてたって料理しませんから〜
でもまあ写真だけでも。

箱とは別に収納袋が付いてました。
R0226825.jpg R0226827.jpg
R0226829.jpg R0226830.jpg



蓋を開けると中には取扱説明書が入ってました。
容量は500ml。
R0226835.jpg R0226831.jpg
R0226833.jpg



一応真空断熱になっています。
取説に書いてあるデータは下記の通り。

      保温   保冷
スタート  95.9℃  3.1℃
3時間後  73.3℃  6.3℃
6時間後  59.7℃  9.0℃


カップヌードル チタンクッカーと並べてみました。
チタンクッカーの記事はこちらです。
http://tamackey.blog.fc2.com/blog-entry-840.html
R0226836.jpg



●サイズ:直径(上)87x直径(下)99x高さ146mm
●重量/容量:350g/500ml
●素材:本体外側・内側・フタ外側=18-8ステンレス、フタ内側=ポリプロピレン、パッキン=シリコーンゴム
●生産国:中国
●「thermo mug」と「AIRMONTE」Wネームのフリース素材保温袋付き(カラーアソート)、化粧箱入り







カップヌードルのロゴがないともっと安い。
   





気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

上野動物園

4月4日、先日雨天ために行かなかった上野動物園に行ってきました。
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/

上野駅近くの駐車場に駐車して上野公園に行くと凄い人人人・・・
平日だから空いてるだろうと思ってたけど、花見シーズンなのを忘れてました。
IMG_5666.jpg



動物園には正門から行かずに、不忍池を半周散歩して池之端門から入りました。
IMG_5668.jpg IMG_5675.jpg

上野動物園



とりあえずは入ってすぐのところにある両生爬虫類館へ。
カメ大好き。
R0226770.jpg R0226765.jpg
R0226768.jpg R0226766.jpg



両生爬虫類館を出たらその辺にいる動物を片っ端から凄いスピードで見ていく。
ちょっと目を離すといない。
こういうガキが迷子になるんだな。
IMG_5677.jpg IMG_5681.jpg
R0226772.jpg



アフリカの動物エリアを3周ぐらいしたところで、いそっぷ橋を渡って東園へ移動。
並んでたのでモノレールには乗りませんでした。
R0226776.jpg



東園に行ってもペースは衰えず、チョロチョロ動き回ります。
IMG_5697.jpg



パンダと記念撮影。
IMG_5703.jpg



小さい隙間に入り込んで見てます。
ここはトラだったかな?
IMG_5709.jpg

IMG_5718.jpg IMG_5724.jpg



恒例のアイス休憩。
IMG_5736.jpg



最後にパンダ舎が閉まるギリギリにパンダを見に行く。
空いてたけど、さすがに目の前は混んでて2ショットは難しいね。
この後すぐにシャッターが閉まりました。
IMG_5739 (1) IMG_5745.jpg



動物園に着いたのは13時頃だったけど、閉園までガッツリ遊びました。
あ〜楽しかった。







   




気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ブログ村
FC2 アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
765位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
56位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内人気ページ
information




RSSリンクの表示
読者登録
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
入力されたメールアドレスはブログ管理者には通知されません。

  
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: