ウルトラライトなソロテーブル VERNE ベルン トレッキングパッド

ウルトラライトなソロテーブルを買ってみましたよ。
SOTOのフィールドホッパーも持っていますが、それよりカタログ値で165g軽いです。
スノーピークのオゼンは軽量化されて新しくなりましたが、組み立てが面倒なので私的にはNGなんですよね〜

今年のカラーはブラックですが、去年はガンメタでした。
個人的にはガンメタの方が好みでしたが、しばらく売り切れていて、再入荷したのがブラックでした。

本体は二つ折りの状態でポリプロピレンのケースに入っています。
R0220504.jpg R0220505.jpg



裏にして広げたところ。
R0220506.jpg R0220507.jpg



両端を折り返して爪を引っかけたら出来上がり。
R0220508.jpg R0220512.jpg
R0220513.jpg R0220537.jpg
R0220536.jpg R0220518.jpg
R0220519.jpg



トレッキングパッド組み立て動画。(11秒)




プリムスP-115とソロクッカーを乗せたところ。
R0220517.jpg



立てれば風防にもなります。
R0220515.jpg R0220516.jpg



足を畳めばバーナーシートにもなります。
R0220521.jpg R0220534.jpg



SOTOのフィールドホッパーと並べてみます。
幅はほぼ同じで長さが15mmぐらい長いですが、有効面積はほぼ同じです。
R0220524.jpg R0220523.jpg
R0220529.jpg



高さの差は7mm。
R0220528.jpg



収納時は厚さに8mmの差があります
R0220538.jpg R0220541.jpg
R0220540.jpg



重さを量ってみます。
単体で246g、ケース込みで361g。
ケースだけで115gもあるので、軽量テーブルの良さが台無しです。
はっきり言っていらないですな。
フィールドホッパーのケースに入れるか、輪ゴムで留めればいっかな。
R0220531.jpg R0220532.jpg



ちなみにフィールドホッパーは388g、ケース込みで411g。
オゼンライトはカタログ値本体のみで270gです。
R0220542.jpg R0220530.jpg



軽さで言えばA4サイズで120gの「ウエハーシス ウィディ」なんてのもありますが、オゼン同様組み立てが面倒くさそうですしナイスプライスなのでパスです。
トレッキングパッドは、今のところ組み立て簡単な軽量ソロテーブルではベストだと思われますがいかがでしょう。





VERNE Trekking Pad
■サイズ
・使用時:(約):幅31.4cm×奥行21.2cm×高さ8.5cm
・収納時:(約):31.4cm×10.8cm×1.1cm
■重量(約):230g
■材質:アルミニウム合金(アルマイト加工)
■付属品:ケース(ポリプロピレン)






トレッキングパッド、フィールドホッパー、オゼンライト、ツーリングテーブル
   

関連記事
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログ村
FC2 アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
376位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
34位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内人気ページ
information




RSSリンクの表示
読者登録
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
入力されたメールアドレスはブログ管理者には通知されません。

  
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: