鹿児島遠征2日目 屋久島観光

翌6日、風はあるけどいい天気です。
空港から霧島連山がよく見えます。
が、山頂付近に雲がかかってるので、ネットで拾ってきた写真もアップしておきます。
右が高千穂峰、中央の噴煙が出てるところが2011年に噴火した新燃岳、左が最高峰の韓国岳。
屋久島から戻ってきたら、韓国岳と高千穂峰に登る予定です。
IMG_0882-b.jpg
IMG_0882-c.jpg


屋久島までは30分ぐらいのフライトです。
予定より1日遅れで屋久島に到着〜
IMG_0886-b.jpg
IMG_0887-b.jpg
R0019286-b.jpg


本来ならこの日から宮之浦岳に登る予定でしたが、最終日に予定していた島内観光をこの日にします。
とりあえず宮之浦港に行って、110のガス缶とバッジをフライングゲット。
ついでにお土産も少々買っちゃいました。
IMG_0889-b.jpg


続いて屋久島での宿「民宿いっぱち」に寄って、荷物を預けたら屋久島自然館へ。
R0019290-b.jpg IMG_0890-b.jpg


ここで台風の影響で倒木があり、ヤクスギランドへ行けないとの情報が。
この日に行かないともう行けるチャンスはありません。残念。

こんなでかいチェーンソーで屋久杉をバンバン切ってた時代があるんですね〜
R0019303-b.jpg IMG_0891-b.jpg
R0019299-b.jpg


昼食は大川の滝に行く途中の、モッチョム岳の見えるカフェで。
R0019308-b.jpg R0019307-b.jpg


大川の滝。
落差88m、日本の滝100選。
R0019312-b.jpg


ここは滝のすぐ下まで行けます。
この撮影場所でも大迫力で、水しぶきが飛んできます。
あまり長くいるとビショビショになるので、写真を撮ったら戻ります。
R0019320-b.jpg


続いて千尋の滝へ。
帰りがけの海辺が綺麗だったので写真撮影。
R0019351-b.jpg
R0019353-b.jpg


モッチョム岳まで戻って来ました。
右端がモッチョム岳。
今回は登りませんが、眺めがいいようなので機会があれば登ってみたい。
R0019360-b.jpg


千尋の滝に行く途中、モッチョム岳登山口がありました。駐車場は同じみたい。
R0019362-b.jpg


第一展望台から千尋の滝。
大川の滝に比べると遠いので迫力ゼロ。
R0019376-b.jpg


そろそろいい時間なので、第二展望台はパスして宿に戻ります。

宿に戻るとショックな情報が・・・
台風18号の影響で、予定していた淀川登山口と一番人気の荒川登山口が、倒木のため通行止めで行けないようです。
2カ所とも行けないのは珍しいらしい。

ヤクスギランドへ行けないと言われた時点で気付けばよかった。
登山口はその先なんですよね〜

予定では淀川登山口→宮之浦岳→新高塚小屋泊→縄文杉→ウィルソン株→白谷雲水峡という感じでした。

さて、どうしよう。
宮之浦岳に行くには島全体では9カ所の登山口があるようです。
その内メジャーな2カ所が通行止め。
1泊で宮之浦岳と縄文杉の両方行こうとすると、白谷雲水峡からピストンするのが良さそうです。
と言うわけで、ロングになっちゃっうけどそうすることに決定〜
IMG_0902-b.jpg


明日はどうなるかわからないけど、かんぱ〜い。
IMG_0904-b.jpg


夕食はこんなでした。
さすが屋久島、魚3種類です。
R0019386-b.jpg











関連記事
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ブログ村
FC2 アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
695位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
53位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内人気ページ
information




RSSリンクの表示
読者登録
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
入力されたメールアドレスはブログ管理者には通知されません。

  
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: