カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


中国製のウルトラライトなストーブ 「大黄蜂」BRS-3000T

amazonで評判がいいので、中国製の怪しいストーブを買ってみましたよ。
いつものようにamazonの箱をブリブリっと開けて見てみると、ちっちゃ。
今回はこれしか買わなかったので、箱の中央にぽつんと入っておりました。

入っていた商品はこれ。
正面には意味不明な日本語の取説がベッタリ貼ってあります。
裏は中国語のみ。商品名は「大黄蜂」らしい。
日本語にするとキイロスズメバチか?
R0220411.jpg R0220413.jpg
R0220414.jpg



パッケージを見てみたかったので、ベッタリ貼ってある意味不明な日本語取説を剥がしてみましたよ。
出力:2700W、1Lの水を2分58秒で沸かすみたい。
R0220500.jpg R0220499.jpg



ブリスターパックの中身は本体と収納袋です。
R0220415.jpg R0220416.jpg



五徳を広げても小さいですね〜
R0220417.jpg R0220418.jpg
R0220430.jpg



五徳には小さな突起が付いていて広げると摩擦で重くなります。
カチッと止まるわけではないけど、広げた状態で動きにくくなります。
逆に畳んだ状態ではぶらぶらしてます。
R0220466.jpg R0220468.jpg



バーナーヘッド。中はメッシュになってますが、風に強いかは不明。
R0220426 のコピー



続きを読む
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

SOTO レギュレーターストーブST-310の風防

ST-310のバーナーヘッドが風に弱そうなので、何かいいものがないか考えてました。
純正でウィンドスクリーンが発売されていますが、足にシリコンチューブを付けているとウィンドスクリーンが付かないんですよね〜

レギュレーターストーブ ST-310の記事はこちらです。
「SOTO レギュレーターストーブ ST-310」
http://tamackey.blog.fc2.com/blog-entry-912.html

「SOTO レギュレーターストーブ専用 点火アシストレバー&シリコンチューブ」
http://tamackey.blog.fc2.com/blog-entry-915.html


ネットで調べてみると自作してる記事が何件か見つかりました。
でもオラは面倒臭がり屋なので、自作しないでいいものがないか探してみました。

で、見つけたのが目玉焼きやケーキの材料を作るときに使うリングです。
ノギスとか持ってないので、サイズが正確に測れず3種類買ってみました。

左からタルトリング 5cm、丸セルクル 55×H20mm、タルトリング 6cmです。
タルトリングは2つとも高さ17mmです。
R0219599.jpg R0219600.jpg
R0219602.jpg



小さい方から付けてみます。
まずはタルトリング5cmから。小さすぎてスカスカです。
R0219603.jpg R0219604.jpg



丸セルクル 55×H20mm。これも小さくてスカスカだけどまあいっか。あと2〜3mm大きければ完璧かも。
R0219613.jpg R0219614.jpg



タルトリング6cm。ヘッドの下の皿と全く同じ口径だったので、綺麗に乗っかってます。
あと1〜2mmどちらかにずれていればちゃんとはまったかも。
でもこれは見た目は美しいが全然ダメですな。
R0219607.jpg R0219609.jpg



と言うわけで今回購入した中では「丸セルクル 55×H20mm」が良かったです。
しかしながら、乗っかってるだけなので触ればグラグラです。
上に五徳があるので強風でも外れることはないと思いますが。
R0219616.jpg



点火してみました。
マナスルのバーナーヘッドみたいに真っ赤になりますが、ステンレスなので溶けることはないでしょう。
これで風に強くなってるかは謎。
今度風のある日に外で試してみます。
R0219637.jpg



ついでにミニパックグリルと合わせてみました。
計ったかのように高さがピッタリです。
ST-310を使っている方はこれがあると便利ですよ。

ミニパックグリルの記事はこちらです。
http://tamackey.blog.fc2.com/blog-entry-827.html
R0219592_201603311558108ec.jpg R0219596_20160331155812d8d.jpg
R0219759 (1)







 
点火アシストレバー、シリコンチューブ、専用アシストセット、ミニパックグリル
   


気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

SOTO レギュレーターストーブ専用 点火アシストレバー&シリコンチューブ

先日アップしたレギュレーターストーブST-310ですが、実戦投入する前に火傷防止のシリコンチューブと新発売された点火アシストレバーを取り付けましたよ。

レギュレーターストーブST-310の記事はこちらです。
http://tamackey.blog.fc2.com/blog-entry-912.html


まずはシリコンチューブです。
使用温度範囲は-30~+200℃なのである程度熱くなっても大丈夫そうです。
4mm×8mmと4mm×6mmのどちらにしようか悩みましたが、少しでも厚い方が熱が伝わりにくいと思われるので4mm×8mmを購入しました。
内径が4mmであればどっちでもいいと思いますが。
R0219119.jpg



10cmに切ったものを4本用意します。
中に洗剤を2、3滴つけるとスムースに取り付けられました。
R0219066.jpg R0219064.jpg
R0219065.jpg



続いて発売されたばかりの点火アシストレバーです。
箱の裏が取扱説明書になっています。
R0219059.jpg R0219061.jpg



燃料バルブを外して、点火アシストレバーを取り付けてドライバーで締めます。
燃料バルブを元に戻して終了。
これでスイッチが押しやすくなりました。
R0219067.jpg R0219117.jpg
R0219070.jpg R0219125.jpg



スイッチ部のアップです。
R0219071.jpg R0219072.jpg



折りたたんでも問題ありません。
R0219074.jpg R0219075.jpg
R0219076.jpg



ついでに重量を量ってみました。
全部で370gです。本体が350gなので20g増えました。
いずれにしても担いで登るには重いですな。
R0219078.jpg







ST-310、点火アシストレバー、シリコンチューブ、専用アシストセット
    


ウィンドスクリーン、溶岩プレート、グリルプレート、マルチケース、
   


気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

SOTO レギュレーターストーブ ST-310

夏になるといつもガス缶を車に積んでおくと危ないので、使用しないときには下ろしていますが、急に必要になったりする時があるんですよね~
そんな時、OD缶だとなかなか売ってるところが見つからないんですが、CB缶ならコンビニでも買えます。

それに飛行機なんかに乗って遠征登山に行くときもCB缶の方が手に入りやすくていいんじゃない?
OD缶買うためにレンタカーでウロウロすると結構時間をとられますし。

そんなわけで、今さらですがST-310を買ってみました。
これは発売されてから何年経つのでしょう?
アマゾンでの取り扱い開始日が2008/5/30になってます。
もう8年近く売っている人気のバーナーですね。
R0219012.jpg



これには連続使用によるドロップダウンの影響を受けにくいマイクロレギュレーターなるものが付いています。
低温の外気により、火力低下を起こしやすいCB缶の弱点をマイクロレギュレーターが解消。
外気温25℃~5℃の環境下でも常に一定の火力を発揮するそうです。

本体の他に収納袋が付属しています。
これには本体と別売のウィンドスクリーンも入るようです。
R0219025.jpg



畳んだ状態。
本体を持ったとたんに、でかくて重いから登山には無理って思ったけど、いつも車に積んでおくには良さそうです。
R0219052.jpg R0219053.jpg



4本の足を広げると、それぞれスプリングによってカチッと所定の位置で止まります。
R0219051.jpg R0219035.jpg
R0219037.jpg R0219036.jpg
R0219054.jpg



バーナーヘッドは風に弱そうだけどどうなんでしょ?
別売でウィンドスクリーンがあるけど、足にシリコンチューブを付けるとウィンドスクリーンが付かないんだよな〜

イグナイターは電気回路を内部に納めることにより故障の頻度を激減。
着火性能も向上したそうです。
R0219028.jpg R0219027.jpg



燃料調整バルブは大きく回してもガスは出てきません。
1回転半でやっと少し出てきました。
全閉から全開まで3回転半も回すので、微調整も楽にできます。
R0219029.jpg



燃料バルブの下にイグナイタースイッチがあります。
使いづらいと悪評高いですが、実際使いづらいです。
今年点火アシストレバーが発売されたようなので買わなくちゃ。
R0219030.jpg R0219031.jpg



ガス缶の切り込み部を凸部に入れて、右方向に止まるまで約60度回します。
SOTOの純正ガスがなかったので安売りのガスですが・・・
R0219038.jpg R0219042.jpg



点火しました。
全開で2.9kw(2500kcal/h)なのでまあまあの火力です。
トロ火も問題なくできます。
R0219044.jpg R0219048.jpg
R0219049.jpg



長時間点けていると五徳と繋がった足が熱くなるようです。
皆さんシリコンチューブを巻いているようですね。





●外形寸法
幅166X奥行142X高さ110mm(使用時・本体のみ)
幅140X奥行70X高さ110mm(収納時)
●重量:350g(本体のみ) 
●発熱量※1:2.9kW(2,500kcal/h)
●使用時間※2:約1.5時間(ST-760 1本使用時)
●使用容器:SOTO製品専用容器(ST-760、ST-700)
●点火方式:圧電点火方式
●材質:バーナー・器具栓つまみ:ステンレス、ボンベホルダー・点火スイッチ:樹脂
●付属品:収納ポーチ

※1 気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出。
※2 気温25℃無風状態で点火後から30分間の燃焼データより算出。







ST-310、点火アシストレバー、シリコンチューブ、専用アシストセット
    


ウィンドスクリーン、溶岩プレート、グリルプレート、マルチケース、
   


セットも色々あります。
   


気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

SOTO スライドガストーチ ST-480

今さらですが、SOTOのスライドガストーチを買ってみました。
キャンプやる人は、ほとんどの人が持っているんじゃないでしょうか。
R0218172.jpg R0218201.jpg
R0218202.jpg R0218200.jpg



火口がビヨ~ンと伸びる、チャッカマンちっくなライターです。
長さは110mm~185mmとなっているので75mm伸びるようですね。
R0218176.jpg R0218177.jpg



セーフティロックは点火ボタンをスライドさせて解除します。
左がロックで右が解除ですが、ほとんどワンアクションでできます。
解除の状態でも固定されるので持ち歩くとき以外は解除のままでもいいかも。
押し込みはチャイルドロックが重い百円ライターとは違い軽快です。
R0218182.jpg R0218179.jpg
R0218198.jpg



火口は熱くなりますが、つまみが付いてるので熱くても長さ調節できます。
また火口部分は一回り小さく、テーブルに置いても接触しないので、焦げることはないでしょう。
R0218191.jpg R0218188.jpg



ガスの残量がわかる窓。
R0218196.jpg



底にガスの調節つまみと充填口。
R0218197.jpg



炎は1300℃の細いターボ型。
R0218210.jpg



ターボフレームと並べてみました。
長さにもっと差があると思ったけど、その差は15mmでした。
この手のライターはいろいろ買いましたが、ターボフレームが一番良かったです。
右の写真は左からZIPPO、PRIMUS、Windmill(デュアルフレーム)、ユニフレーム、IWATANI、メーカー不明です。
R0218215.jpg blog_import_50ffaf4cb0941_20160209102620498.jpg



いつもポケットに入れているウィンドミルHALと並べてみました。
標高3000mの高所でも点火できるというのが売りのライターです。
確かに3000m付近でも点火できました。
大きさは段違いですが、HALはちょっと重くて87gですが、SOTOは55gで30g以上軽いです。
でも高所では点火できないと思われるので登山には持って行かないでしょう。
R0218222.jpg



【2016年04月05日追記】
なかなか使えるのでナチュラムで安売りしてるときに追加購入しました。
自宅用にしようと思います。
R0219805.jpg R0219810.jpg
R0219806.jpg R0219809.jpg







スライドガストーチ3色、スライドガスマッチ
   


パワーガス、充填用アダプター、ウィンドミルHAL
   


ターボフレーム、ナチュラムオリジナルカラー




気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

コベア KOVEA CUBE

最近流行のコンパクトストーブが韓国から届きました。
11月21日の夜に発注して、23日に発送、12月1日に到着しました。
発注してから10日で到着です。
結構早いですね。
R0215937 (1) 韓国から



このストーブは韓国のグッドデザイン賞とISPOアワードで賞をとったらしい。
ISPOアワードってなんでしょ?
R0215986 のコピー



箱の中には本体とハングルな取扱説明書。
グッドデザイン賞だけあってシンプルな外見がいいですね〜
R0215939.jpg R0215941.jpg
R0215952.jpg R0215954.jpg
R0215947.jpg R0215950.jpg



表のハングルなシールが邪魔ですな。
裏にも注意書きらしき物が貼ってあります。
頑固に貼ってあるようで剥がすのに苦労しそうです。
R0215940.jpg R0215958.jpg



中はスカスカです。
側面と底の板はありません。
鍋がガス缶の上に来るから熱がこもらないようになってるのかな?
ガス缶を暖めるヒートパネルもありません。
R0215963.jpg R0215960.jpg



ガス缶をセットするとだいぶはみ出ます。
ショート缶だとピッタリ収まるようですね。
R0215965.jpg R0215975.jpg



つまみを押して回して点火〜
火力はそんなに強くありません。
風防もないからアウトドアには適さないですね。
R0215957.jpg R0215971.jpg
R0215970.jpg



最強とトロ火。
R0215969.jpg R0215974.jpg



イワタニのマーベラスと並べてみました。
だいぶ小さいですね。
R0215976.jpg R0215981.jpg
R0215982.jpg



オラの場合は自宅で使うつもりなので一人用の鍋も買いました。
パール金属の「贅の極み」20cmです。
これで狭い机で鍋ができます。
R0215945.jpg





●品名 : CUBE
●型番 : KGR-1503
●サイズ : 249×117×234mm(Inner box)
●重量 : 750g
●使用ガス : コンビニなどで売っている一般的なブタンガス(CB缶/220g,250g)
●ガス消費量 : 130g/h
●点火方式 : 自動点火方式





   


イワタニ プチスリム
  


楽天でも売ってた。こちらは送料690円かかります。




気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

PRIMUS プリムス エクスプレス・スパイダー P-133S

今更ですが、型落ちで半額だったのでポチりました。
新型はP-136Sですが、違いがよくわからないのでご存じの方教えてください。
R0215838.jpg



ウチにはガソリン仕様のP-134VFもありますが、やっぱりガスの方が扱いやすいですよね〜
以前書いたP-134VFの記事はこちらです。
http://tamackey.blog.fc2.com/blog-entry-829.html


山ではお湯を沸かす程度で料理をすることはないんですが、これがあれば高尾山あたりで鍋などすると楽しいでしょうね。
あそこは山頂なのになぜか水道があるんですよね。
どこから水を引いてるのか不思議です。

では、開封します。
中身は本体と収納袋と取扱説明書。
R0215839.jpg R0215840.jpg



バーナーヘッドの周りにプレヒートパイプがあるので、液出しもできます。
なのである程度気温が低くても使えるでしょう。
あたりまえですが、液出しは自己責任でお願いします。
R0215843.jpg R0215846.jpg
R0215845.jpg R0215844.jpg



新型のP-136Sは足を開いたときに固定されるようですが、どこが違うんでしょう?
新型を見てみたい。
R0215848.jpg



続きを読む
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

ニチネン ミスターヒート KH-011

カセットガス式のヒーターが欲しかったので、ニチネンのミスターヒートを買ってみました。
イワタニのアウトドアヒーターと迷ったんですが、コンパクトでガスが3本入るケース付きということでこちらになりました。
価格も安いですしね。

ホントはカセットガスファンヒーターが欲しいけど、ナイスプライスなのでちょっと手が出ない。
それにちょっと大きいですしね。
R0215553-b.jpg R0215598-b.jpg
R0215552-b.jpg


ケースから出してみます。
形は普通のストーブですが、小さいですね~
500mlペットボトルと並べると大きさがわかりやすいですね。
R0215557-b.jpg R0215554-b.jpg
R0215570-b.jpg


野外専用なので安全装置は少ないですがその分コンパクトです。
屋内用は不完全燃焼防止装置、転倒時消火装置、立ち消え安全装置、圧力感知安全装置などが付いていないといけないようですが、これは圧力感知安全装置だけです。
屋内でも使いたい人はニチネンのミセスヒートやイワタニのカセットガスストーブがいいでしょう。
R0215559-b.jpg


折りたたんである足を立てるとちょっとだけ上向きになります。
R0215574-b.jpg R0215572-b.jpg


裏を開けてみます。
ヒートパネルが付いてるのでガスを使い切れそうです。
R0215560-b.jpg R0215562-b.jpg


ガス缶を入れるとはみ出ます。
R0215564-b.jpg R0215568-b.jpg
R0215569-b.jpg R0215566-b.jpg


点火はスイッチを回すだけ。
少し戻すと弱火になります。
暖かいときは弱火にすると燃焼時間も増えるでしょう。
R0215558-b.jpg


点火〜
1分もしないうちに暖かくなってきます。
R0215576-b.jpg R0215578-b.jpg


パネルが真っ赤になると結構暖かい。
やっぱ暖かいのは前方よりは上ですね。
R0215583-b.jpg R0215586-b.jpg


愛用のプリムススパイダーヒーターと大きさ比較です。
使用時はちょっと大きいけど大差ないです。
収納時のコンパクトさはやっぱりプリムスの勝ち。
暖かさはたぶん似たようなもんです。
R0215596-b.jpg R0215594-b.jpg


キャンプ用に買ったけど、最近キャンプに行ってないな〜
メインストーブは武井501やアルパカでサブ用にこれとプリムススパイダーで完璧ですな。
特にこれは寝る前後の前室で暖まるのには最適だと思うんですけど。
キャンプに行かなくても、災害や緊急時には屋内でも使おうと思えば使えるのでいいかも。

気軽に使えて結構暖かいので、屋内用のも買おうか検討中。
イワタニかミセスヒートがいいかな。



ニチネン ミスターヒート
本体サイズ:幅約23×奥行約18×高さ約18cm
本体重量:約1.5kg
材質:鋼板
使用燃料:カセットボンベ(マイ・ボンベL) ※カセットボンベは別売
火力:0.93kW(800kcal/h)
ガス消費量:68g/h
連続燃焼時間:約220分
点火方式:圧電点火方式
使用場所:野外使用専用







ニチネン
 


イワタニ
   


グリーンウッド
  





気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ村
FC2 アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
232位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
26位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内人気ページ
information




RSSリンクの表示
読者登録
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
入力されたメールアドレスはブログ管理者には通知されません。

  
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: