カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ランタン(電池)/懐中電灯 」カテゴリ記事一覧


GENTOS ジェントス SOL-013C

キャンプでガスやガソリンランタンを使うのをやめようと思ったので、少し明るい電池ランタンを買ってみましたよ。

な~んていうのは建前で、ホントは前回の記事で書いたバーゴのチタンスポークの送料を無料にするために一緒に買ったというなんとも本末転倒な理由なんですけどね。
お店の策略にまんまとはまっている上客です。はい。

届いた段ボールはちょとだけこの箱より大きかったけど、どこにスポークが入ってるんだよって感じでした。
あくまでスポークが欲しかったんですから。
R0223905.jpg



中には本体とハンガーフックと取説のみ。
R0223907.jpg R0223952.jpg



スイッチは1つで長押しするとON。
その後2秒以内に押すたびに昼白色→白色→暖色→キャンドルモードに切り替わります。
どのモードからでももう一回押すとOFF。

各色点灯時に長押しするとディマーコントロールで好みの明るさに調節できます。
その後一回押すとOFF。
再度点灯すると昼白色が点灯し、明るさのメモリー機能はありません。

慣れればいいんでしょうけど、ボタン一つでこれだけのモードはわかりにくいですね~
R0223911.jpg



スイッチの上にある黒丸はバッテリーインジケーターです。
点灯直後にグリーンなら十分な電池容量があります。
赤点灯で少なくなってきた合図。
赤点滅で交換サインです。
点灯後5秒ぐらいで消灯します。
R0223957.jpg




底面にも吊り下げフック。
逆向きで吊り下げるときはグローブを外しましょう。
R0223954.jpg R0223919.jpg



電池は単一3本ですが、当然オイラはニッケル水素電池を使いますよ。
なんといっても環境に優しいですからね~
ちょっと前まではパナソニックのエボルタを使っていましたが、最近はアマゾンを使っています。
高容量だと2400mAhあるのでコストパフォーマンスはいいですね~
最近ブラックからグレーにデザインが変わったようです。
8本購入して1本は以前買った残りを使用するけど色が変わっただけなので問題ないでしょ。
R0223874.jpg



単三3本を単一サイズのスペーサーに入れてランタンへ。
R0223921.jpg R0223955.jpg



スイッチオン。結構明るい。
デジカメの設定はオートで撮影。
ISO800 F1.9 1/32
R0223948.jpg



機能が同じSOL-036Cと日本中の人が持っているEX-777XPと大きさ比較です。
この3台の中では一番大きい。
R0223924.jpg R0223928.jpg
R0223929.jpg



SOL-036Cの記事はこちらです。
GENTOS(ジェントス)エクスプローラー SOL-036C
http://tamackey.blog.fc2.com/blog-entry-737.html


SOL-036Cと明るさ比較。
マニュアル ISO800 F1.9 1/250
ホワイトバランスはデイライト。
左が昼白色、右が白色、下が暖色。
R0223938.jpg R0223940.jpg
R0223942.jpg



EX-777XPと明るさ比較。
マニュアル ISO800 F1.9 1/250
ホワイトバランスはデイライト。
左が昼白色、右が暖色。EX-777XPはHiモードで暖色のみ。
R0223944.jpg R0223943.jpg



ついでにジェントス6兄弟で記念撮影。
R0223935.jpg





・サイズ:直径98×188mm
・本体重量:約830g(電池含む)
・素材:材質:ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂+ポリカーボネイト
・原産国:中国
・付属品:ハンガーフック
・明るさ:530ルーメン
・使用電池:単1形乾電池×3本(別売り)
・使用光源:暖色チップタイプLED×6灯、白色チップタイプLED×6灯
・実用点灯:Hi(昼白色)/20時間、Hi(白色)/38時間、Hi(暖色)/40時間、Low(昼白色)/330時間、Low(白色)/360時間、Low(暖色)/350時間、キャンドルモード/180時間
・機能:スムースディマー、キャンドルモード、インスタントオフスイッチ、バッテリーインジケーター、スイッチロック、スローライティングスイッチ、エネループ対応、防滴







SOL-013C、SOL-036C、EX-777XP、ニッケル水素電池、電池スペーサー



EX-757MS、EX-837NX、EX-1000C、EX-1977IS、SOL-144S




気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

ELPA もてなしのあかり

夜出かけるときや帰ってきたときに、玄関が暗いのでELPAの「もてなしのあかり」を買ってみました。
「もてなしのあかり」にもシリーズが色々ありますが、これは据置小型小 3W電球色LEDで、型番はHLH-1201(PW)になります。
まあ、ウチにはほとんど人が来ないので、もてなすこともないんですが、自分用ということで。
R0218086.jpg R0218088.jpg



キャンプ用のランタンに似ていますが、これは明暗人感センサーが付いているので、暗くなったときに前を通ると点灯するという素晴らしい機能が付いております。
R0218091.jpg R0218092.jpg



裏にはスイッチと明暗ボリュームダイヤル。
スイッチは常時点灯のHIGHとLOWの他に、AUTOにすると人を検知すると自動で点灯し、約12秒後に自動で消灯します。
R0218094.jpg



底の蓋を開けて電池を入れます。
吊り下げフックが付いているので、ランタンとしても使用可能です。
テント内に吊しておけば、宴会でベロベロに酔っ払って帰ってきても自動で点灯しますよ。
R0218095.jpg R0218108.jpg



底の蓋を開けるとさらに蓋があります。
R0218101.jpg R0218096.jpg



使用電池は単二電池4本なんですが、ケチってニッケル水素電池を使うためにスペーサーも同時購入しました。
これは単三電池を単二電池として使えるようにするための物です。
ホントは単四電池4本を単二として使えるようにするニサクのスペーサーが欲しかったんですが、売り切れで入荷時期未定でした。
R0218097.jpg



アマゾンの高容量ニッケル水素電池です。最小容量2400mAhで500回使用可能。
ホントはパナソニックの充電式エボルタ(最小容量2550mAh)が欲しかったけど、ここでもケチりました。
R0218098.jpg R0218099.jpg
R0218100.jpg



電池を入れたら点灯〜
白っぽく見えますが電球色です。
ほわ〜んと点いてほわ〜んと消えるところがいいですね〜
R0218104.jpg



日本中の人が持っているジェントスのEX-777XPと並べてみました。
直径はほぼ同じですが、高さが37mm低いです。
R0218107.jpg



一応、IPX4(防沫形)の防水性能ですのでキャンプで使用するのもいいかもしれませんね。






電 源:単二形アルカリ乾電池×4本使用(別売)
電池寿命:HIGH:約8時間
     LOW:約20時間
     AUTO:約10ヶ月(1日10回・1回12秒点灯時)
     ※電池の性能により異なります
光 源:(PW)電球色LED (DB)白色LED
全光束:(PW)90lm (DB)120lm
点灯保持時間:約12秒(人を検知すると自動で点灯し、約12秒後に自動で消灯します)
点灯開始照度:約5lx~(感度ボリュームで調整可能)
防水性能:IPX4(防沫形)
外形寸法:直径85×高さ148(mm)
質量:約193g(電池含まず)





「もてなしのあかり」シリーズはそれぞれ白色LEDもありますが、興味がないのでここでは電球色だけで。
据置小型小3W、据置大型6W、据置型薄型3W
  


壁面型3W、コンパクト型0.5W、手すり型3W
  


単二電池スペーサーとニッケル水素電池
   


ジェントスEX-777XP、アイリスオーヤマ センサーライト
 





気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

NITECORE ナイトコア T5s

いつも鍵束にLED LENSER A2を付けていますが、もう少し明るいものに変更しようと思ってこれを購入してみました。
R0210666-b.jpg


これは単4電池1本で70ルーメンの明るさです。
A2は24ルーメンなので、数値だけでいえば倍以上明るいと言うことになります。

付属品はクリップとOリング1個。
R0210669-b.jpg


ボディはステンレスでピカピカです。
鍵束に付けたら傷だらけになるんでしょうね。
R0210691-B.jpg R0210673-b.jpg


明るさ70ルーメン。
フォーカスコントロールはありません。
ヘッドをネジってONOFF&3段階明るさ切替。
ヘッド部の回転で点灯-切替-消灯操作をします。
R0210677-b.jpg


テールにはカラビナに付けるようなリングは付いていません。
R0210680-b.jpg


電池は単4電池1本。
R0210678-b.jpg


LED LENSER A2と比較してみました。
同じ単4電池1本仕様ですが、長さ太さ共に一回り小さいです。
右は更に大きいLED LENSER P3 AFS
R0210682-b.jpg R0210692-B.jpg


点灯します。
壁まで約2m。ISO1600 F1.9 1/30
左がT5sのHi70ルーメン、右がA2。
T5sの方がワイド照射なので距離はA2の方が飛びます。
R0210688-b.jpg


左の写真がT5sのMid28ルーメン。右の写真はT5sのLow3ルーメン
R0210686-b.jpg R0210687-b.jpg




NITECORE T5s
サイズ:φ12.5x73mm
使用電池:アルカリ単4電池×1
明るさ/ランタイム
Hi:70ルーメン/1.5h
Med:28ルーメン/3.5h
Low:3ルーメン/28h
最長照射距離:約36m
重量(電池込):約19g(電池含まない)






T5s最新70ルーメン/T5sアップグレード前65ルーメン/T2 50ルーメン
        


LED LENSER A2/LED LENSER P3 AFS
  

気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

ブラックダイヤモンド モジ Moji

今季新発売のブラックダイヤモンドのモジを買ってみました。
すでにみんな持ってると思うので今さらですが・・・
R0210534-b.jpg R0210535-b.jpg
R0210536-b.jpg R0210537-b.jpg


単4電池3本で100ルーメン。
結構明るいです。
R0210538-b.jpg R0210539-b.jpg


しかし、形といいディマー機能といいスノーピークのほおずきやたねほおずきのパクリですな。
スノーピーク製品は持ってないのでお店で並べて写真撮ってきました。
左からモジ、たねほおずき、ほおずきです。
モジは中間ぐらいの大きさでしょうか。
IMG_1624-b.jpg


なんでこれを買ったかというと・・・
コストパフォーマンスに優れているからです。
モジ 2400円
たねほおずき 3800円
ほおずき 9800円、8500円
LEDランタンは日進月歩なので、すぐに明るくて長持ちする製品が出てきます。
なので、高いものはなかなか手が出ません。


最近はキャンプに行かないので、車中泊用に車にぶら下げて使おうと思います。
今まではジェントスのランタンなどをぶら下げていましたが、頭に当たったりして邪魔でした。
これはコンパクトで良さそうです。
R0210562-b.jpg


同じブラックダイヤモンドのオービットと並べてみました。
オービットは使用時伸ばすので高さはだいぶ違いますね。
R0210540-b.jpg


ついでに単4電池仕様のランタン3種です。
明るさと電池寿命の関係で最近は出番がありません。
R0210544-b.jpg




全光束:100ルーメン
電池寿命:10時間/100時間 (最大照度/最小照度)
防水レベル:IPX4
電池:単4アルカリ×3
重量(電池込):122g







  


気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

NITECORE ナイトコア MT1A

MT2Aに続き、MT1Aを購入してみました。
これは単3電池1本で180ルーメンの明るさのライトです。
R0022401-B.jpg


付属品はストラップ、クリップ、テールスイッチの予備のゴム、予備のOリング2本です。
MT2Aには入ってなかったクリップが入っています。
もしかしたらMT2Aに入れ忘れちゃったか?
まあ使わないからどうでもいいんですけど。
R0022404-B.jpg R0022416-B.jpg
R0022419-B.jpg R0022442-B.jpg


テールスイッチはMT2Aと同じです。
ヘッドを締め混んだ状態だとターボのオンオフ。
ヘッドを少し緩めて半押しで明るさ切り替えとSOS点滅&ストロボ。
そのまま押し込むと固定されます。
R0022439-B.jpg


明るさ180ルーメン。
フォーカスコントロールはありません。
R0022422-B.jpg


ヘッドとテールの両方とも取れます。
単3電池1本使用で、充電式エボルタのハイエンドも入ります。
R0022436-B.jpg R0022437-B.jpg


LED LENSER P5Eと並べてみました。
うちには単三1本のライトがこれしかありません。
R0022430-B.jpg


MT2Aとの比較です。
中央部の長さが違うだけで、前後の部品は一緒です。
R0022432-B.jpg


点灯してみます。
ISO1600 F1.9 1/15
左がターボで右がHiモード。
単3電池1本にしては結構な明るさですね〜
R0022411-B.jpg R0022414-B.jpg


ちなみにMT2AのターボとHIモード。
ISO1600 F1.9 1/15
こちらは345ルーメンなので明るくて当然ですな。
R0022212-B_201501291843571df.jpg R0022215-B_201501291843592c4.jpg







MT1AとMT2A
 

LED LENSER P5E



気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

NITECORE ナイトコア MT2A

今まではLED LENSERのライトを購入してきましたが、単三電池仕様は充電式エボルタのハイエンドやエネループプロが入らないらしいので、NITECOREにしてみました。

単3電池2本で345ルーメンのMT2Aです。
R0022190-B.jpg


付属品はストラップとテールスイッチの予備のゴムと予備のOリング2本です。
ポーチや電池はありません。
R0022193-B.jpg R0022196-B.jpg
R0022198-B.jpg R0022202-B.jpg


テールスイッチです。
ヘッドを締め混んだ状態だとターボのオンオフ。
ヘッドを少し緩めて半押しで明るさ切り替えとSOS点滅&ストロボ。
そのまま押し込むと固定されます。
R0022203-B.jpg


フォーカスコントロールはありません。
R0022205-B.jpg


ネジったらヘッドとテールの両方とも取れました。
単3電池2本使用。
充電式エボルタのハイエンドも入ります。
R0022208-B.jpg R0022209-B.jpg


ミニマグライトLEDの2AAとの比較。
これは電池が固着して取れないので捨てる予定です。
一応熱湯に漬けて煮てみたけど取れませんでした。
R0022228-b.jpg


LED LENSER P7.2との比較です。
R0022219-B.jpg


点灯してみます。
ISO1600 F1.9 1/15
左がターボで右がHiモード。
R0022212-B.jpg R0022215-B.jpg


11月に撮影したP7.2のスポットとワイド。
ISO1600 F1.9 1/15
R0020396-b_2015011019335099e.jpg R0020399-b_20150110193352ec5.jpg



単3電池2本にしてはメッチャ明るいですね。
フォーカスコントロールはありませんが、中心はスポットで周辺も明るくて使いやすそうです。
明るさを選べばランタイムも長くなるのでいいですね。





LED:Cree XP-G2 R5 LED
明るさ/ランタイム
Turbo:345ルーメン/2h15m
Hi:138ルーメン/5h
Med:55ルーメン/12h
Low:17ルーメン/50h
サイズ:155mm×22.56mm×21.5mm(最大全長×ヘッド部×テール部)
ボディ素材:エアログレードアルミニウム合金 Type3HA
重量:約67g(電池含まず)
使用電圧:1.2~3.7V
防水:IPX-8
使用電池:単三アルカリ乾電池、ニッケル水素充電池 2本使用







MT2AとMT1A
 

LED LENSER P7.2




気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

LED LENSER M14

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

2015年一発目はまたまたLED LENSERでございます。
今までは単四仕様のライトばかりでしたが、やっと単三仕様のものを購入しました。
災害時には単三仕様の方が手に入りやすいようですからね。

では開封します。
R0021850-B.jpg R0021854-B.jpg


付属品はポーチとストラップと電池です。
R0021855-B.jpg R0021859-B.jpg
R0021868-B.jpg


明るさは400ルーメン。
R0021864-B.jpg


フォーカスコントロールは延び幅が広いです。
ヘッドを回転させると任意のところでフォーカスがロックされます。
この機能はいいですね~
R0021926-B.jpg R0021927-B.jpg
R0021873-B.jpg


テールスイッチです。
スマートライトテクノロジーとかいうのが搭載されていて、色々な点灯パターンがあるようですが、ほとんど使わないのでイージーモードにセットしました。
R0021872-B.jpg


これは充電式エボルタのハイエンドもちゃんと入ります。
単3電池4本使用。
R0021945-B.jpg


P7.2と並べてみました。
これは単四4本で320ルーメンです。
当たり前ですが一回り大きいです。
R0021875-B.jpg


数年前に買ったジェントスSF-705XPと比較。
これは単一4本で500ルーメンです。
技術の進歩を感じますね~
R0021942-B.jpg


点灯してみます。
ISO1600 F1.9 1/15
M14のスポットとワイド。
ワイド側は28mmレンズよりワイドです。
R0021928-B.jpg R0021930-B.jpg


11月に撮影したP7.2のスポットとワイド。
ISO1600 F1.9 1/15
R0020396-b_201501021700499ff.jpg R0020399-b_20150102170051f79.jpg


ついでにジェントスSF-705XPのスポットとワイド。
これはズーム幅が小さいですね。
ISO1600 F1.9 1/15
R0021934-B.jpg R0021936-B.jpg


M14は、明るさ、ランタイム共にすばらしいライトですね。
これでLED LENSERが7本になりました。
しばらく買わないと思うので記念撮影です。
左からA2、P3 AFS、P5E、V2、L7、P7.2、M14です。
R0021925-B.jpg


LED LENSERの単三仕様のライトは充電式エボルタのハイエンドやエネループプロが入らないという重大な欠点があります。
M14は充電式エボルタのハイエンドもちゃんと入りますが、最近発売されたP6Xなども入らないようです。
なので、単三2本仕様や1本仕様のものは他のメーカーのものを買うことにしました。
P5.2やP6Xが欲しかったんですけどね〜



LED:パワーチップ型 LED×1
サイズ:φ47x160mm
重量(電池込):約350g
使用電池:アルカリ単3電池x4
最大光束:約400ルーメン*
最長照射距離:約320m*
点灯時間:(1lm)約50時間* minモード時





M14、P14.2、M7、P7.2
   


T7M、P17.2
 


気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

LED LENSER P3 AFS

V2に続き、またまたLED LENSERの話題です。
懐中電灯の日記もいいかげん飽きてきました。
単3仕様が欲しいのに、また単4仕様のライトです。

単4仕様が増殖するのも、LED LENSERのライトにニッケル水素電池の単3ハイエンドが入らないのが原因です。
とりあえずM14には入るみたいなので、そのうち買うと思いますが、もう少し小さいのは他のメーカーを検討中です。
検討している間にマイナーチェンジされるといいんだけどな〜
でもしばらくは無理か。
P6Xって10月に発売されたのに入らないみたいですしね。

さて、本題のP3 AFSです。
型番がそっくりなP3 AFSPというのもありますが、こちらは暗くてランタイムが長いAFSです。
ややこしいですね〜
P3 AFS   25ルーメン 6時間
P3 AFSP 75ルーメン 1.1時間

Pシリーズなので立派な箱に入っています。
PシリーズのPはプロフェッショナルらしい。
R0021170-b.jpg R0021171-b.jpg


付属品はポーチ、ストラップ、クリップ、電池です。
R0021172-b.jpg R0021176-b.jpg
R0021177-b.jpg R0021180-b.jpg


こんなに小さいのにフォーカスコントロールが付いています。
R0021179-b.jpg


テールスイッチはONOFFのみ。半押しは出来ます。
R0021184-b.jpg


単4電池1本。
R0021185-b.jpg


A2とP5Eと比べてみました。
P5Eは単3電池1本仕様ですが、明るさは同じ25ルーメンです。
ちなみにこれにも充電式エボルタのハイエンドは入りません。

A2は単4電池1本で24ルーメンです。
長さは中間ぐらいですね~
R0021188-b.jpg


点灯してみましょう。
とりあえずP3 AFSのみのスポットとワイドです。
壁まで約2m。ISO1600 F1.9 1/15
R0021207-b.jpg R0021203-b.jpg


左がP3 AFSのスポットとワイド、右がA2です。
A2はフォーカスコントロールができない単焦点です。
スポットの大きさは同じくらいです。
R0021193-b.jpg R0021195-b.jpg


左がP3 AFS、右がP5Eです。
スポットはP5Eの方が小さいですね~
同じ25ルーメンですが、その分照射距離も15mほど長いようです。
ワイド側はほぼ同じです。
R0021197-b.jpg R0021201-b.jpg


今、鍵束にはA2を付けていますが、P3 AFSに替えようかな〜
小さい方を取るか、フォーカスコントロールを取るかの選択なんですけどね。





LED:5mm LED×1
サイズ:φ18.5x90mm
重量(電池込):約34g
使用電池:アルカリ単4電池x1
最大光束:約25ルーメン*
最長照射距離:約60m*
点灯時間:(1lm)約6時間*





P3 AFS、A2、P5E
  


P3 AFSP、A3
 


気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ブログ村
FC2 アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
401位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
40位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内人気ページ
information




RSSリンクの表示
読者登録
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
入力されたメールアドレスはブログ管理者には通知されません。

  
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: