カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「尾瀬 」カテゴリ記事一覧


会津駒ヶ岳

18日日曜日に会津駒ヶ岳に行って来ました。
そろそろ北アルプスなどの標高の高い山は雪だし寒いし小屋も閉まっちゃったので、ちょっと標高を下げてまだ行ってない会津駒ヶ岳にしました。

調べてみると、駒の小屋は今月いっぱい営業しているようです。
てことはバッジが買える。
しかも中門岳のバッジもあるらしい。
ならば中門岳も行かなくちゃ。

前日の22時半頃、車中泊するミニ尾瀬公園に到着。
外に出ると満天の星空でした。
こんな見事な星空を久しぶりに見た。
写真を撮ってはみたものの、露出不足&三脚を出すのが面倒だったのでぶれてます。
ISO3200 F1.9 4S
R0215193-b.jpg


檜枝岐村には何回か来てますが、やっぱ遠いわ。
家を出てから5時間近くかかります。
那須塩原で高速を下りてからも1時間半、距離にして90kmあります。
上高地に行くより時間がかかるかな。

朝5時に起きて登山口に移動します。
林道終点の駐車スペースはいっぱいでしたが、ちょっと下に停められました。
ここは林道沿いに駐車スペースがたくさんありますね〜
100台以上停められるんじゃないでしょうか。
遅くなれば登山口から段々遠くなりますが・・・


今回のコース。



6時30分、駐車場を出発。
すぐに林道終点です。
ここには10台以上停められますが満車でした。
R0215201-b.jpg R0215203-b.jpg


6時35分、会津駒ヶ岳滝沢登山口。
林道終点からすぐ、車から5分でした。
R0215204-b.jpg


えっちらおっちら。
R0215206-b.jpg


登山口付近は紅葉が綺麗〜
R0215208-b.jpg


山頂まで4.1km。
R0215210-b.jpg R0215209-b.jpg

R0215211-b.jpg


続きを読む
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

至仏山

梅雨の中休み、天気予報と睨めっこしてたSANCHANから連絡があり、急遽至仏山へ行って来ましたよ。

前日の予報では日本気象協会が雨のち曇り、ウェザーニュースは晴れのち曇り、日本気象(株)は朝晩曇り日中晴れ、天気図を見ると弱い高気圧が本州を覆ってます。
結果、晴れでした。
相変わらず日本気象協会は信用できませんな〜

朝、道の駅白沢に着いたときには雨が降ってました。
ホントにこのあと晴れるのかな〜
と思いつつ駐車場のある戸倉へ。

戸倉第一駐車場に車を停めて、乗合タクシーで鳩待峠へ向かいます。
鳩待峠に着いたときには晴れ間が出ていました。
やっぱ来てよかったな~
R0017475-b.jpg R0017479-b.jpg



今回のコース。




7時50分、鳩待峠を出発〜
入ってすぐの所にある人工芝。靴の裏をゴシゴシこすって種などを取り除きます。
R0017480-b.jpg R0017484-b.jpg



1km地点を通過して、しばらく行くと地図に載ってない水場がありました。
目立たないので通り過ぎそうになった。
R0017485-b.jpg R0017488-b.jpg



続きを読む
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

燧ヶ岳

今週末は尾瀬の燧ヶ岳へ行ってきました。
尾瀬には何回も行ってるけど、今回は尾瀬ヶ原なしの登山のみです。
御池登山口からなのでそこまでが遠い~
東北道西那須野塩原ICで降りてさらに100キロ走らなければなりません。
ウチからだと約5時間。
金曜前泊で土曜日に登ると寝る時間がないので、土曜移動で日曜登山にしました。

今回は2名なので車中泊は無理。
まあ若いお姉ちゃんとなら車中泊でもいいけど、おじさん二人じゃあね~
と言うわけでバンガロー泊。
ここは1泊2500円ですが、御池駐車場代1000円と檜枝岐温泉代500円も込みです。
めちゃお得~
フォトフォト


夜は近所の居酒屋で前夜祭。
これで一人1400円です。
フォト


翌朝、4時起床で6時登山開始~
フォト


今回のコース。



駐車場から山頂まで約5km、3時間50分の道のりです。
フォト


駐車場からすぐは木道が整備されてます。
フォト


んが、すぐ岩の直登~
フォトフォト


汗だくで30分登ると、ミニ湿原に出ました。
フォト


6時50分、広沢田代。
手前の山が邪魔でまだ山頂が見えません。
フォト
フォト


更に登る。
フォト


先程の広沢田代が見えるところがありました。
フォト


更に登る。
フォト


山頂が見えてきました。
フォト


ちょっと下るとまた湿原です。
フォト


いい景色だ~
フォト


7時30分、熊沢田代。ここで休憩20分。
フォト


更に登る。
フォトフォト


先程の熊沢田代が見えました。
フォト


まだまだ登る。
フォトフォト


9時00分、山頂到着~と思ったらここは俎(2346m)、お決まりのなんちゃって山頂でした。しばし休憩。
フォトフォト


ホントの山頂はあそこ。
フォト


9時55分、燧ヶ岳(柴安2356m)山頂到着~
フォト


尾瀬沼がちょっと見えます。
フォト


尾瀬ヶ原一望~
ちょっとガスってるけど。
正面には一昨年登った至仏山。
フォト


10時35分、下山開始。
正面には先程の俎。
フォトフォト


ここからの方が尾瀬沼がよく見えます。
フォト


俎でまたまた休憩し・・・
11時15分、ホントの下山開始~
フォトフォト
フォト


帰りもいい景色だ~
フォト
フォト


12時05分、熊沢田代。
フォト


12時45分、広沢田代。
フォト
フォト
フォト
フォト


13時20分、無事に下山しました。
フォト



あ~楽しかった。
このコースは途中に湿原を2つ通るので景色がいいです。
直登の後の湿原での休憩は気持ちいい~



登り 俎まで3時間00分(標準CT3時間30分)
俎~山頂~俎 休憩込みで2時間15分(標準CT往復40分)
下り 俎から2時間05分(標準CT2時間30分)
標高差 856m
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

尾瀬 2009夏(尾瀬ヶ原~三条の滝)

  



今年も尾瀬へ行ってきました。
金曜日の夜は、またまた道の駅泊まりです。

土曜日の朝はみんな寝坊したので、当日朝に来る人もめでたく道の駅に全員集合。
そろって戸倉の駐車場まで行くことができました。
そこから乗り合いタクシーで鳩待峠へ。
あたりはガスってます。
天気はイマイチですが、尾瀬ヶ原へGO!
歩き始めたのは9時半近くでした。

約1時間の下り、標高差約200mで山の鼻到着。
やっと尾瀬ヶ原の端っこに着きました。
ちょっと休憩して本日の宿のある見晴へ。
写真撮ったり話しながらのんびり歩いたので、着いたのは1時過ぎです。
2日目に行こうと思っていた三条の滝へギリギリ行けそうなので、荷物を置いてすぐ出発。

尾瀬ヶ原を30分、山道を下ること1時間、15時過ぎに三条の滝に着きました。
落差120m幅30mの滝はすばらしいです。
水量が少ないときは三筋に分かれるのが名前の由来らしい。
途中、平滑の滝を上から見ることができます。
こちらもすばらしい。
帰りは雨に降られましたが、17時過ぎには山小屋に帰り着きました。

17時半に夕食、その後風呂に入って21時に消灯です。
風呂は石鹸とシャンプーが使えないのでイマイチ入った気がしない。
汗は流せるんですがイマイチ臭いんですよね~

翌日、トリっちは一人で燧ヶ岳登山です。
すごいですね~
標高2356m、標高差950m、往復6時間ですよ。
朝4時半出発。したらしい。

残った人たちはチェックアウトの8時までのんびり~
さらに隣の山小屋で朝コーヒー飲んで8時半過ぎにやっと出発~
のんびり歩いて、東電尾瀬橋で写真撮ってると、なんとトリっち登場。
もう追いつかれました、早すぎです。
まだ9時15分ですよ。
山の鼻で12時待ち合わせだったのに。

下りてきて山小屋に寄ったときも、早すぎてオジサンがびっくりしてたらしい。
ホントに山頂まで行ってきたの?って聞かれたらしい。
写真を見せてもらいましたが、他の日に行ったか、合成でない限りホントに行ったみたいです。

その後、予定通り12時山の鼻着。
昼食を食べて、休憩~
鳩待峠までの上りをコースタイム1時間20分のところを50分で登る。
ハイペース過ぎて疲れた~
ここで名物花豆ジェラートを食べて、14時に駐車場へ向けて尾瀬をあとにしたのでした。

尾瀬は季節によって何回行っても綺麗ですね~
今回お世話になった皆様、ありがとうございました。


前回の尾瀬日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=968543128&owner_id=425039
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

尾瀬 2008秋(尾瀬ヶ原~至仏山)

  




この土日で尾瀬に行ってきました。
尾瀬に行くのはこれで5回目?ぐらいです。
今回は前々回に悪天候のため途中で引き返した、至仏山登頂のリベンジです。

1日目、至仏山登頂。
2日目、尾瀬ヶ原散策の予定でしたが、土曜日は渋滞で到着が予定より遅くなってしまった。
なのでプランBの1日目と2日目をひっくり返した。
先日の撮影でロケとスタジオをひっくり返したのと同じか?

鳩待峠出発が10時半。
山の鼻の山荘にチェックインして荷物を置いて尾瀬ヶ原へGO!
竜宮まで行ったところで、尾瀬ヶ原半周のはずが、どうしても1周したいというリクエストにお答えして尾瀬ヶ原1周。
これが間違いの元ですな。
それからは結構早足で1周しました。
途中見晴らしで昼食食べて、山の鼻の至仏山荘に帰ってきたのは16時です。
結構疲れた。
17時夕食、その後風呂入って、19時に寝ちゃいました~
ちなみに尾瀬では、自然保護のため石鹸やシャンプーは使えないんですよ。

1日目のコース
鳩待峠~山の鼻~牛首~竜宮~見晴~東電尾瀬橋~ヨッピ橋~牛首~山の鼻
普通に歩けば5時間かかるコースです。
距離は16.5km
標高差191m
半周なら3時間25分、13.7km


2日目、5時に起きるつもりが、6時の朝食の放送で起床。
10時間爆睡です。
ゆっくり準備して7時半出発です。
本日はメインイベントの至仏山登頂。
山の鼻~山頂まで2時間半、標高差828m。
出発時からちょっと足が痛い。
案の定30分も歩いたらバテバテです。足も痛い。
そんななかひたすら登ること3時間15分。
やっと着きました~
普通の人よりも遅いペースだけどまあいっか。
その後もゆっくり降りてきて鳩待峠に着いたのは13時半。
あ~疲れた。
明日は筋肉痛間違いない、てかすでに足痛いし。

2日目のコース
山の鼻(1400m)~至仏山(2228m)~小至仏山(2162m)~鳩待峠(1591m)


以前の尾瀬日記です。
よろしければご覧下さい。

尾瀬2(アヤメ平 '07.7.22)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=508019223&owner_id=425039
尾瀬1(三条ノ滝 '07.7.21)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=507243189&owner_id=425039

尾瀬(尾瀬ヶ原 '06.9.17)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=224139995&owner_id=425039
尾瀬(至仏山 '06.9.16)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=223197426&owner_id=425039
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

尾瀬2(アヤメ平 '07.7.22)

  


尾瀬2日目、5時起床。
私にとってはまだ夜中です。
こんなに早く起きるのも久しぶり。
6時半に朝食食べて7時半出発です。

天気が悪ければそのまま来た道を帰る予定でしたが、昨日よりは天気がいいのでアヤメ平経由で帰ることにしました。
元湯山荘から見晴までは昨日通った道。
見晴から富士見峠まではいよいよ登山です。
この道はあまり人が通りません。
道もあまり整備されてなくて、途中には鹿や熊の足跡も見られました。

標高差は500mぐらいですがきつかった~
いつも車ばかり乗ってるのでいい運動になりました。

富士見峠で早めの昼食食べて、のんびり休憩。
11時半出発。ここからはアヤメ平までちょっと登りますが、あとは鳩待峠までほとんど下りです。

「アヤメ平」と聞くとアヤメが咲き乱れる湿原を想像されるかもしれませんが、アヤメ平の地名の由来は、キンコウカという植物の葉をアヤメと見間違えたことによる、と言われています。
ここは昭和30年代の尾瀬ブームの時には大勢のハイカーがおしかけ、荒廃が一番酷かった所です。
現在も復旧作業をしていますが、未だに元に戻っていません。
10年前に作業したところが半分も戻ってないんです。
これからは尾瀬に限らず、こんなことが無いようにしたいものです。

2日目ルート
元湯山荘ー見晴ー富士見峠ーアヤメ平ー中原山ー鳩待峠


夜、マイミクのSLOWHANDSさんと食事しました。
今回の尾瀬で参加できなかった浮島キャンプの話や関東の野営衆の話で盛り上がりましたよ。
あっという間の2時間でした。
SLOWHANDSさん、11月にも是非来て下さいね~


写真1:アヤメ平。写真ではわかりにくいですが木道の左右に補修中の箇所があります。
写真2:アヤメ平付近の見晴らし。尾瀬ヶ原とは反対側です。
写真3:熊の足跡と今回の最高地点。標高1968mでちかれたび~の図。
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

尾瀬1(三条ノ滝 '07.7.21)

  




この週末で尾瀬に行ってきました。
今回のメインイベントは尾瀬ヶ原のニッコウキスゲと三条ノ滝とアヤメ平です。
メインイベントって普通1つですが今回は3つもあります。
宿泊は三条ノ滝に近い元湯山荘。

最初の予定では鳩待峠からアヤメ平を通って竜宮へ下る予定でしたが、天気がいきなり雨で、峠からの景色が見えないということで、1日目と2日目の予定を入れ替えました。

鳩待峠から山の鼻、竜宮、見晴のルートは何回も通っているので、いい加減景色にも飽きてきた。
でも今回は、ピーク時よりちょっとずれているみたいですが、ニッコウキスゲが咲いています。

鳩待峠を9時頃出発して竜宮あたりで弁当食って、元湯山荘に着いたのは13時半。
荷物を置いて三条ノ滝へGO!

距離はたいしたことないけど、標高差と悪路で途中に鎖場もあり時間がかかります。
往復3kmなのに休憩も入れて2時間半もかかりました。
三条ノ滝は迫力ありますよ~
尾瀬に行ったときは是非寄って下さい。

16時に宿に戻って18時に夕食、21時には寝ちゃいました。
こんなに早く寝るのも久しぶりです。

1日目ルート
鳩待峠ー山の鼻ー竜宮ー見晴ー元湯山荘ー三条ノ滝ー元湯山荘


写真1:ニッコウキスゲと三条ノ滝
写真2:尾瀬で見た花たち。他にも沢山ありましたが写真撮ってません。
写真3:地図

前回の尾瀬の日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=223197426&owner_id=425039
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=224139995&owner_id=425039
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

尾瀬(尾瀬ヶ原 '06.9.17)

  


さすがに前日8時に寝たので朝5時に起きてしまった。
足が痛くて布団から出て立ち上がるのに一苦労。
普通に歩けないし階段の上り下りなんかびっこひいて最悪だ。
みんな立ったり座ったりするたびにヨッコイショとかドッコラショとか言っている。

6時朝食。
凄く健康的な生活だ。いつもこうだといいんだが。
こんな夜中に日記書いてる場合じゃない。

帰りにまたここの前を通るので、荷物を山荘に置かせてもらって身軽になって7時半出発。
雨が少し降っている。

山の鼻の至仏山荘を出て、竜宮方面へ。
牛首三又あたりで雨が完全にやんだ。
そして、至仏山の山頂がよく見える。
ってことは向こうからもこちらがよく見えるってことだ。
登山は2日目にすれば良かった。
天気予報がはずれたおかげでまた次回至仏山に登らなくては・・・

この日歩いたコースは、
山の鼻から牛首三又(2.2km)、牛首三又から竜宮(2.2km)、左に曲がってヨッピ橋(1.5km)、また左に曲がって牛首三又(2.2km)、牛首三又から山の鼻(2.2km)の計10.3km。しかも標高差0m。
途中、写真を撮ったり、休憩したり、スローペースで尾瀬ヶ原を満喫。

至仏山荘に戻ったところで昼食。
この後、だめ押しの登山が待っているので少し休憩。

山の鼻から鳩待峠は3.3km標高差187m。
出発したのは1時半頃だったか。
最初からかなりのハイペース。まるでスカウトペースだ。
歩き始めの2km位はゆるい上りだが、最後の1kmは階段が多い。
途中のベンチで5分の小休止をして鳩待峠まで55分で登った。
これは結構早いんですよ。
ガイドブックには下り1時間、上り1時間30分て書いてあるんです。
ってことは一般の人が下るより早いって事です。
もうめちゃめちゃ疲れましたけどね。

尾瀬は世界遺産に申請中だそうです。
世界遺産になったら今より更に混むし、入山規制もされるそうです。
まだ行ったことのない方は、今のうちに行ってみてはいかがでしょう。

写真1,尾瀬ヶ原を満喫中。ヌケの山は燧ヶ岳です。
写真2,一番尾瀬を楽しんでいた山岳部隊長。
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ村
FC2 アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
232位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
26位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内人気ページ
information




RSSリンクの表示
読者登録
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
入力されたメールアドレスはブログ管理者には通知されません。

  
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: