カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「奥秩父 」カテゴリ記事一覧


黒金山(山梨百名山)

18日月曜日、梅雨の晴れ間に自主トレに行ってきましたよ。
登山口が1000m以上で軽めの所を探して黒金山に決定〜

どこの予報を見ても晴れでしたが、GPVによると2時頃から雨が降るらしい。
でもここなら2時前に下山できそうです。
以前、乾徳山に行ったときに黒金山まで足を伸ばそうか迷ってあきらめた山です。


今回のコース。




1時間ぐらい林道を走って登山口に到着。
広い駐車場には1台も無し。
この後すぐに林道の途中で道を譲ってくれた車が到着しました。
ここは林道の終点です。
R0221929.jpg R0221932.jpg



駐車場からもいい景色。
R0221933.jpg



7時45分、黒金山登山口駐車場(林道出合)を出発〜
R0221938.jpg R0221939.jpg



続きを読む
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

金峰山

梅雨時の平日、さてどこ行こう。
蝶ヶ岳から始まり、燕、常念など候補に上がりましたが、天気がイマイチなので日帰りにすることに。

当初は至仏山へ行こうと思っていましたが、7月1日の開山祭まで登山道が閉鎖してるらしい。
そこで1ヶ月前はまだ林道が冬季閉鎖で来られなかった金峰山へ決定。
なんちゃって登山隊なので、もちろん大弛峠から行きますよ~

今回のコース。




やっぱり駐車場はガラガラ。
出発時で8台しか停まってません。
R0017144-b.jpg R0017145-b.jpg



7時45分、出発〜
R0017147-b.jpg



8時15分、朝日峠。
R0017151-b.jpg R0017153-b.jpg



続きを読む
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

茅ヶ岳

29日に茅ヶ岳に行って来ました。
2回目の茅ヶ岳です。
当初の予定では、大弛峠から金峰山に行く予定でしたが、林道が未だに冬期閉鎖中だということで、急遽こちらに行くことになりました。

ここは深田久弥終焉の地、駐車場近くには記念公園があります。
彼がいたから日本百名山ができ、山に登る楽しみも増えました。

今回のコース。




8時40分、深田公園駐車場を出発〜
R0016727-b.jpg



新緑が綺麗です。
R0016730-b.jpg



9時40分、女岩手前50m。
女岩で休憩するつもりが行けないようです。
手前50mにロープが張ってありコースも新しくなっています。
左手が駐車場、右手が女岩。
R0016732-b.jpg



続きを読む
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

国師ヶ岳&北奥千丈岳

7月6日、約2ヶ月ぶりに山へ行って来ました。

晴れ予報でしたが、現地に着くとあいにくの天気。
雨は降っていないもののガスガスで眺望は望めません。
R0010186-b.jpg


1時間ほど様子を見ましたが、晴れる気配はありません。
金峰山に行く予定でしたが、このまま帰るのもなんなのでこちらに行くことにしました。
R0010181-b.jpg
R0010189-b.jpg



ゆっくり歩いて2時間半ほどの行程ですが、三百名山と奥秩父最高峰に行けます。
なんちゃって登山隊なので、これでオッケーでしょ。


続きを読む
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

笠取山

先週の土曜日から4日間ほど原因不明の腹痛でのたうち回ってました。
その時は月曜日に病院へ行こうと思ってたのですが、何となく傷みも治まり、結局4日間家に引きこもってたら治りました。
そんなわけで、軽めのリハビリ登山に行ってきました。

笠取山は多摩川の水源で、山頂近くに水干という場所があります。
ここが多摩川の最初の一滴が出てる場所なんですね。
では多摩川の源流を求めて出発~

朝、いきなり寝坊しました。
高速をかっ飛ばして走るも、登山口近くの林道が凍結しててノロノロ・・・
まだスタッドレスに交換してなかった~
四駆だから登山口まで行けたものの、二駆だったら無理だったでしょう。




急いで準備して出発~
するも途中でアイゼン忘れたことに気付き引き返す。
10時05分、ホントの出発~
フォト
フォト


出発時からず~っと雪道です。
フォト


10時30分、一休坂分岐。
一休坂方面は急登って書いてあるので、楽なヤブ沢方面へ。
フォト


11時10分、ヤブ沢峠。
フォト


11時25分、笠取小屋。
ここまで一気に来たのでちょっと休憩。
ここでテン泊してる人がいたけど、雲取山方面から来たのでしょうか。
フォト
フォト
フォト


笠取小屋からちょっと歩くと、道がひらけて気持ちいい~
11時50分、雁峠分岐。
フォト


小高い丘の上が小さな分水嶺。
ここに降った雨が荒川、富士川、多摩川に分かれるらしい。
フォト
フォト


登ってきた方を見ると富士山がすばらしい。
フォト


そして山頂はすぐそこです。
フォト


スキー場のような急登を登れば山頂です。
フォト
フォト


12時20分、笠取山山頂~
フォト


南は富士山の眺めがすばらしい。
フォト


南西には南アルプスが見えます。
フォト


登ってきた最後の登り。
フォト


山頂は後から登ってきた団体さんで大賑わいです。
フォト


13時00分、出発。
13時05分、ホントの山頂。こっちは狭いです。
フォト


下山開始。
多摩川の源流を見にちょっと寄り道します。

13時25分、水干。
ここが多摩川の源流です。
東京湾まで138km。
フォト
フォト


ピンぼけだけど最初の一滴か?
ツララだし。
フォト


ここで休憩してると、先に出発してたさんちゃんから電話が。
なんと道を間違え2時間もロスしたらしい。
すぐそばにいるようなので早速合流。

13時55分、シラベ尾根。
ここでさんちゃんと合流できました。
フォト


14時20分、黒エンジュ分岐。
15時30分、林道に出ました。
フォト


15時55分、駐車場まで戻ってきました。
残ってるのはオラ達の車だけ。
フォト

あ~楽しかった。




笠取山(1953m)
上り 2時間15分(標準CT2時間55分)
山頂休憩 40分
下り 2時間55分(標準CT2時間15分)
標高差 643m
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

乾徳山

茅ヶ岳のついでに近くの乾徳山に行ってきました。
ここは皇太子も登ったらしい。
駐車場近くの公園には登頂記念碑が。
そう言えば今までに何回か皇太子の登頂記念碑を見てきたなぁ~
フォト




では、出発~
8時00分、乾徳山登山口バス停出発。
集落を抜けて林道をえっちらおっちら。
フォト


8時30分、乾徳山登山口。
この辺には熊が出るのね。鈴を鳴らしながら歩きましょう。
フォトフォト
フォト


9時00分、銀晶水。
枯れてる?
フォト


9時15分、駒止。
休めそうな広場だけど休まず通過。
フォト


9時40分、錦晶水。
ここまでハイペースだったので汗だく。
水飲んで顔洗って生き返った~
フォト


錦晶水からちょっと歩くと山頂が見えましたよ~
フォト


9時50分、国師ヶ原分岐。
疲れたのでここで休憩。
フォト


10時30分、扇平?月見岩?
扇平って書いてあるけど、ここは月見岩みたい。
でも扇平分岐はここみたいだな~?

疲れたのでまた休憩。
前半のハイペースでバテました。
フォト


ちょっと登ったら扇平がありました。
でもここは分岐じゃないな~
10時50分、扇平。
フォト


ここからは岩が多くなってきました。
フォト


カメラの水平がずれてるように見えるけど、これで合ってるはず。
岩が斜めなんです。
で、ピンクのリボンの所を登っていきます。
フォト


クサリ場登場。
フォト


2段目のクサリ場。
フォト


最後のクサリ場到着。
ここを登れば山頂です。
手前に迂回路もあったけど、ここに来たらここを登らなきゃね。
フォト


途中から下を見てみた。
怖い~~
ブルーのザックは前の人たちが置いていったもの。
フォト


上はあとちょっと。
フォト


一番上から下を見てみました。
怖い~~~
フォト


で、ここが山頂です。
11時50分、乾徳山山頂~
フォト
フォト


左手前が隣の黒金山、右手奥が甲武信ヶ岳?
フォト


奥に見えるのは金峰山?
フォト


南アルプスや富士山方面は真っ白で何も見えませんでした。
フォト


12時20分、下山開始。
上りとは違う道で下ります。
地図に下山道って書いてあるのでそちらから。
で、いきなりハシゴ。
ハシゴに行くまでが怖いんですけど~
フォトフォト


ハシゴを2つ下りて、ちょっと歩いてから山頂を振り返る。
フォト


下山道分岐。
フォト


しばらくは結構な激下り。
足場が悪くて中々進みません。
フォト


13時35分、高原ヒュッテ。
営業小屋でしたが、今は無人の避難小屋に解放しています。
フォト


13時40分、国師ヶ原分岐。
行きに通った所です。
ここから同じ道で下れますが、時間もあるのでちょっとだけ遠回りの道満尾根で下ります。
フォト


14時05分、大平高原分岐。
フォト


このあたりは落ち葉のラッセル。
落ち葉の下の石で何度もコケそうになる。
フォト
フォト
フォト


14時35分、道満山。
フォト


15時20分、林道に出ました。
フォト


動物避けゲート。
鍵はかかっておらず、人や車は通れます。
フォト


15時40分、駐車場に着きました。
フォト




乾徳山(2031m)
上り 3時間50分(標準CT3時間45分 )
山頂休憩 30分
下り 3時間20分(標準CT3時間25分 )
標高差 1201m
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

茅ヶ岳

土日のケータリングキャンプで食べ過ぎたので、月曜日はカロリーを消費しに茅ヶ岳に行ってきました。

ここは金ヶ岳と連なって、八ヶ岳に似ているため「にせ八つ」という呼び名があります。

「日本百名山」の著者、深田久弥の終焉の地でもあり、麓には深田記念公園があり、氏の自筆で「百の頂に百の喜びあり」と記された記念碑があります。

ウィキペディアによると、1971年(昭和46年)3月21日の登山中に、茅ヶ岳山頂直下で脳卒中のため68歳で死去。その場所には、『深田久弥先生終焉の地』と表記された石碑が立つ。となっている。

いつかは行こうと思ってた山ですが、百名山ではないし夏は暑いので後回しになっていました。
百名山じゃないけど二百名山には入ってるんですよ。




では、そんな山にしゅっぱ~つ。
8時10分、深田公園駐車場出発。
フォト
フォト


深田公園は帰りに寄るとして、とりあえず山頂へ。
フォト


9時05分、女岩。
ここの湧き水で喉を潤し、顔を洗う。
気持ちいい~
フォト
フォト


10時05分、深田久弥先生終焉の地。
ここまで来れば山頂はすぐそこです。
フォト
フォト


10時20分、茅ヶ岳山頂~
フォト
フォト


南アルプス。
右寄りに甲斐駒ヶ岳。
北岳や鳳凰三山は雲の中です。
フォト


隣の金ヶ岳。
その向こうに八ヶ岳。雲の中だけど。
フォト


奥秩父方面。
中央が金峰山、左に瑞牆山。
フォト


2時間ぐらいで着いちゃって、物足りないので隣の金ヶ岳へ。
10時50分、出発。

11時25分、分岐。

11時40分、金ヶ岳山頂~
南アルプス方面は見えるけど、他は木が邪魔で眺望はありません。
肝心の南アルプスは雲の中。
フォト


誰もいない山頂で小宴会。
フォト


12時20分、茅ヶ岳へ出発。
13時10分、茅ヶ岳。

同じ道を下山するのもなんなので、尾根道経由で下山します。
13時25分、下山開始。
フォト
フォト
フォト


14時25分、林道に出ました。
フォト


14時45分、深田記念公園。
おじいさんが一人ベンチに座って茅ヶ岳を見ています。
深田久弥氏を知っている人でしょうか。
フォト


記念碑「百の頂に百の喜びあり」
フォト


14時55分、無事に下山しました。




茅ヶ岳(1704m)・金ヶ岳(1764m)
上り(茅ヶ岳まで) 2時間10分(標準CT2時間20分)
茅ヶ岳~金ヶ岳往復 1時間40分(標準CT1時間50分)
山頂休憩(茅ヶ岳&金ヶ岳) 1時間25分
下り(茅ヶ岳から深田公園経由) 1時間30分
標高差(金ヶ岳) 824m
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

甲武信ヶ岳

4日土曜日、梅雨入りしたのに天気がいいと言うことで、急遽甲武信ヶ岳へ行ってきました。
高速1000円も19日で終わってしまいますからね。
いくつかある登山口の中から一番楽そうな毛木平から登ることに。
ここからなら日帰りできそうです。
でもウチから一番遠いんですよね~




60台ほど止められる駐車場にはトイレや東屋もあります。
フォト


7時15分登山開始~
フォト


5分ほどで分岐、帰りはこっちから帰ってくるのね。
フォト


沢沿いの道をえっちらおっちら。
フォト


何の花?シャクナゲ?
フォト


8時35分、ナメ滝。
いました山ガール。男連れだったけど。
フォトフォト
フォト


更にえっちらおっちら。
フォトフォト


9時40分、千曲川・信濃川水源地標
フォト


この沢が日本一長い川の源流なのね。
フォト
フォト


10時25分、稜線に出ました。
フォト


山頂はもうすぐです。
フォト


10時50分、甲武信ヶ岳(2475m)山頂到着~
フォト


南から西の眺望は良好です。
雲の上に頭を出した富士山。
フォト


金峰山方面に続く稜線。
フォト


稜線の隙間から南アルプス。
フォト


稜線の右手には八ヶ岳。
フォト


隣の三宝山。
フォト


そして山頂は大混雑です。
フォト


一通り山頂を満喫して、バッジを買いに甲武信小屋へ。
フォト


11時50分、甲武信小屋。
フォト


テン場はこんな感じ。
フォト


ちょっと休憩して三宝山へ。
フォトフォト
フォト


12時35分、三宝山(2483m)。
何とも地味~な山頂です。
これでも一応甲武信ヶ岳よりも高く、埼玉県最高峰なんですけどね。
眺望ゼロ。てか甲武信ヶ岳がちょっとだけ見えます。
フォト
フォト



来た道を引き返すか迷ったけど、せっかくなのでアップダウンがきつい周回コースを歩くことに。
フォト


13時25分、尻岩。
フォト


更に登って武信白岩山?
フォトフォト
フォトフォト


更に下って登って14時55分、大山。
ここの眺望はまあまあです。
フォトフォト
フォト
フォト


歩いてきた稜線。
フォト


これはシャクナゲ?
フォト


ここからは下るのみです。
で、いきなりクサリ場。
下るのは怖い~
フォトフォト


15時40分、十文字小屋。
フォト
フォト


17時20分、無事に下山しました。
フォト


前回の権現岳に続き今回もつ~か~れ~た~
今回の行動時間は10時間05分でした。



甲武信ヶ岳(2475m)・三宝山(2483m)
上り(甲武信ヶ岳まで)3時間35分(標準CT3時間55分)
甲武信ヶ岳休憩 45分
甲武信ヶ岳~甲武信小屋~三宝山 1時間00分(標準CT1時間00分)
三宝山休憩 25分
下り(三宝山~毛木平)4時間30分(標準CT4時間20分)

標高差
甲武信ヶ岳 1042m
三宝山 1050m
累積標高差(上り)1338m(ヤマレコより)
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ブログ村
FC2 アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
789位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
62位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内人気ページ
information




RSSリンクの表示
読者登録
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
入力されたメールアドレスはブログ管理者には通知されません。

  
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: