カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


ジェントス 閃 SG-330

先日、実家の防災用にMG-732Dを購入しましたが、スイッチ操作がONOFFのみのシンプルなものも欲しいと言うことでSG-330も購入しました。
家中何カ所かに置いておきたいと言うことで、各2個ずつ計4個購入です。

MG-732Dの記事はこちらです。
http://tamackey.blog.fc2.com/blog-entry-1025.html


パッケージデザインはMG-732Dとほぼ一緒です。
付属品も電池、ストラップ、取説で一緒です。
R0227644.jpg R0227645.jpg
R0227647.jpg



テールに転がり防止の凸凹。
ヘッドも緩い三角形です。
R0227655.jpg R0227656.jpg



テールスイッチ。
ONOFFのみのシンプル操作。
R0227648.jpg



ヘッドをスライドするとフォーカスコントロールができます。
伸ばすとスポット、縮めるとワイド。
スライドがちょっと重くて片手では困難です。
何回かスライドしてるウチにスムーズになればいいですけど。
R0227651.jpg R0227652.jpg
R0227654.jpg R0227653.jpg



MG-732Dと並べてみました。
太さはほぼ同じですが、長さはSG-330の方が少し短いです。
R0227659.jpg



点灯してみましょう。
使用電池は単3電池2本です。
テスト用電池が付属しているのでそれを入れます。

カメラの設定はマニュアルで、ISO1600 F1.9 1/15に固定。
スポットとワイド。
スポットは円ではなく四角くなってます。
ワイド側は円になってますが、照射範囲がちょっと狭いですね。
R0227662.jpg R0227665.jpg



ちなみに9月8日に撮影したMG-732Dのものです。
設定は同じISO1600 F1.9 1/15に固定です。
スポットのHi 220ルーメンとワイドのHi 220ルーメン。
R0227501_20170929191046a75.jpg R0227508_20170929191045558.jpg



MG-732DとSG-330を同時点灯。
両方ともスポットですがMG-732Dの方が広くて明るいので見やすい。
R0227669.jpg



自分用にMG-732Dを1本購入しました。





・明るさ: 150ルーメン
・稼働時間: 約9時間
・使用電池: 単3×2本使用(エネループ使用可能)
・付属品: アルカリ単3電池×2本、ストラップ
・サイズ: 直径約28.5×156.7mm
・重量: 約138g(電池含む)
・光源タイプ: チップタイプ白色LED
・1m防水、2m落下耐衝撃
・照射距離: 最大約110m
・特徴: ワイドビーム・スポットビームの無段階調節可能/フォーカスコントロール搭載







   



気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

スノーピーク Myテーブルハウス

3つ前の記事のスクリーンサンシェードを買った時なんですが、ついでにこれを買ってしまいました。
その時はスポーツ某ソリティがセール中だったからしょうがないですね。
R0227584.jpg



これは2年ぐらい前の雪峰祭限定商品だったんですが、あまりにも人気なのでレギュラー商品になったものです。
その後も気になってはいたものの、しばらくは品薄でした。

これが本体です。
R0227585.jpg R0227587.jpg



なんで頂点部分がマジックテープで開けられるようになってるんじゃろか。
R0227588.jpg



そうそう、これはMyテーブルに付けるオプション品なので、Myテーブル本体が必要です。
では取り付けましょう。
Myテーブルをひっくり返してマジックテープを留めるだけ。
片側4ヶ所、全8ヶ所です。
R0227593.jpg



完成~
有効面積が増えてテーブルを広く使えます。
R0227603.jpg R0227594.jpg
R0227595.jpg



Myテーブルは小さいので、飲み物や食器を置くと他のものが置けなくなっちゃう。
身近に置いておきたいものは下に入れておけるので便利です。
スマホとヘッドランプを入れてみた。
R0227602.jpg



これを付けたままで折りたためるのが素晴らしい。
R0227609.jpg R0227605.jpg
R0227608.jpg R0227611.jpg



キャンプにいい季節になったのでどこか行こうかな〜
R0227613.jpg R0227614.jpg





・材質:生地/ターポリン、底板/PVC、中芯/PVC
・サイズ:260× 250×158(h)mm





  



気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

ドッペルギャンガー ストレージベンチ

荷物置き用にベンチを買ってみました。
とは言うものの、すでに2つ所有していて3つ目なんですけどね。

なんで買ったかって言うと、これはベンチの下に吊り下げ式の物置が付いてるのです。
発売されて3年以上経つので今更な感じですが・・・
今年新色が出たので購入に踏み切りましたよ。

色がベージュに写ってるけどグリーンです。
普通のベンチよりちょっと重くて太いです。
R0227551.jpg



中身は本体と底板2枚と取説。
R0227552.jpg



展開はどこにでもあるベンチと同じです。
両サイドを広げる。
R0227553.jpg R0227555.jpg



両足をグルッと270度回す。
R0227556.jpg R0227557.jpg



広げたら出来上がり。
R0227558.jpg



じゃなかった。
こいつには吊り下げ収納があるので、底板を入れて出来上がり。
この収納の容量は50Lなので、デイパック2つ分てとこでしょうか。
R0227559.jpg R0227560.jpg
R0227566.jpg R0227567.jpg



吊り下げ収納は前後に扉が付いています。
R0227569.jpg



扉をロールアップしてベルクロで留めれば開けっ放しにできます。
R0227573.jpg R0227580.jpg



私はクーラーボックススタンドとして使おうと思うので、クーラーボックスを乗せてみました。
左がYETIローディ20QT、右はコールマンエクストリーム28QTです。
R0227579.jpg R0227577.jpg



いい感じですね〜
余裕があるのでもう少し大きいクーラーボックスでも大丈夫です。
下の収納にはクーラーボックスに入れない食材や食器などを入れてもいいですね。


それぞれのクーラーボックスの記事はこちらです。
YETIローディ20QT
http://tamackey.blog.fc2.com/blog-entry-753.html

コールマンエクストリーム28QT
http://tamackey.blog.fc2.com/blog-entry-830.html


さて、いつキャンプに行くのかな〜





・サイズ:(約)L1150×W380×H420mm
・収納サイズ:(約)L600×W120×H240mm
・重量(付属品含む):(約)3.7Kg
・静止耐荷重:130Kg
・材質:フレーム/アルミニウム スチール,生地部分/ポリエステル(PU コーティング)





   



ウッドフレームのベンチもいいな〜
買っちゃおうかな〜

Hilander(ハイランダー) ウッドフレームベンチ(WOOD FRAME BENCH)



定価 オープン価格↓
ナチュラム価格5,537円(税込5,980円)




気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

KingCamp U.L.キャンピングコット

表題のコットを買ってみました。
中国製の怪しげなコットでございます。
アマゾンの商品ページでは中国製品によくある相変わらずの商品名がわからない「アウトドアベッド コット 折りたたみ アルミ 超軽量 コンパクト サマーベッド 重さ2KG 耐荷重120KG 携帯便利 KC3986」となっています。

9月5日19時に発注して12日に到着。
ちょうど1週間です。
10日はかかるだろうと思ってたので早すぎてビックリです。
これが追跡ページのスクリーンショットです。
左が日本の郵便局、右が中国のEMS英語版
スクリーンショット 2017-09-12 160250 のコピー スクリーンショット 2017-09-13 155024 のコピー


日本のEMS追跡ページ
https://www.post.japanpost.jp/int/ems/delivery/
中国のEMS英語版
http://www.ems.com.cn/english.html
中国のEMS中国語版
http://www.ems.com.cn/



無事に北京から到着したのがこれでございます。
テープグルグル巻きでどこから開ければいいのやら。
布製品なので慎重にカッターで開封しました。
R0227514 のコピー R0227515.jpg



開けると説明書が一番上にありました。
R0227516.jpg



わかりにくいと不評の説明書はこちら。
イラストのみです。
これを見ると「KingCamp Ultralight Camping Cot」となっているので、どうもこれが商品名らしい。
コットの組み立てに慣れている方は説明書がなくても組み立てられます。
R0227550 (1) R0227549 (1)



部品は全部でこんな感じ。
シート本体、サイドポール2本、脚4本、枕、取説。
R0227518.jpg



組み立てます。
サイドポールをシートの両側に通します。
ポールエンドは写真のようになっていて、難なく入ります。
片側は行き止まり。
R0227519.jpg R0227520.jpg
R0227524.jpg



脚を取り付けます。
スプリングレバーのない方をカチッ。
R0227525.jpg



反対側はこのままでははまりません。
R0227526.jpg



レバーを引いて外側に倒してポールに引っかけます。
R0227528.jpg R0227529.jpg



内側に戻してカチッとなったら出来上がり。
ここはテコの原理でちょっと力がいるのでコットを立てて体重をかけると簡単です。
R0227530.jpg



同じ要領で脚を4本付けます。
R0227532.jpg R0227533.jpg



枕の中に収納袋を入れます。
高さが足りない場合はタオルなどを足しましょう。
R0227542.jpg



完成〜
張りもあり寝心地は最高です。
R0227545.jpg R0227540.jpg



脚が背中に当たるのでは?という意見がありますが寝ている分には当たりません。
R0227538.jpg



脚の上に座ると当たります。
左は中央に座ったところ、右は脚の上に座ったところ。
R0227536.jpg R0227537.jpg



外すときは上から押しながらレバーを引くと簡単に外れます。
R0227547.jpg



コットに付いているタグ。
表の最後に日本語が書いてあります。
裏は中国語だけどなんとなく何が書いてあるかわかる。
R0227521.jpg R0227523 (1)



ホントはヘリノックスのコットワンコンバーチブルが欲しかったんですけどね。
やっぱり高いよね〜
これはコットワンと似たような原理なので比較的楽に組み立てられると思います。





・サイズ:幅64cm×長さ190cm×高さ12cm 収納サイズ:約直径13×36cm
・材質:アルミ、オックスフォード
・重量:約2KG 耐荷重120KG
・付属品:専用収納バッグ付き 枕付き





グレーの在庫が復活してる。もう1個買おうかな〜
ヘリノックスコットワンも在庫復活してるし。
   



気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

GENTOS ジェントス MG-732D

実家で防災用に懐中電灯が欲しいというので表題のものを買ってみました。
昔虫捕りによく行ったので、実家には懐中電灯はたくさんありますが、すべて豆電球仕様のもの。
LEDは一つもありません。

購入にあたり、入手しやすい単3電池仕様のもので、大きさ、扱いやすさ、明るさ、ランタイムなどを考慮すると単3電池2本のものが良さそうです。

単3電池2本のものといっても各社色々ありますね〜
SUREFIRE、LED LENSER、ThruNite、NITECORE、FENIXなどは高いので却下しました。
大手家電メーカーは安いけど、数年前のモデルが多く暗いので却下。
結局無難なジェントスにしました。
R0227481.jpg



開封します。自分のじゃないけど。
付属品は単3電池2本、ストラップ、取扱説明書。
R0227482.jpg R0227484.jpg
R0227489.jpg R0227490.jpg
R0227485.jpg



転がり防止の八角形。
R0227488.jpg



テールスイッチ。
押たびにHi→Mid→Eco→OFFを繰り返します。
各モードで3秒以上使うと1発でOFFになります。
スイッチが難しいと言われたらONOFFだけのSG-330を買ってみます。
R0227487.jpg



ヘッドをスライドするとフォーカスコントロールができます。
伸ばすとスポット、縮めるとワイド。
R0227492.jpg R0227491.jpg
R0227494.jpg R0227493.jpg



使用電池は単3電池2本です。
充電池はパナソニックグループのエネループに対応しています。
それ以外は動作確認はしていないそうです。
R0227495.jpg



NITECORE MT2Aと大きさ比較です。
ウチには単3電池2本の懐中電灯はこれしかありませんでした。
フォーカスコントロールが付いてる分でしょうか、MG-732Dの方が少し太くて長いです。

NITECORE MT2Aの記事はこちらです。
http://tamackey.blog.fc2.com/blog-entry-781.html

R0227496.jpg R0227497.jpg



点灯してみました。
ISO1600 F1.9 1/15
スポットのHi 220ルーメン、Mid 100ルーメン、Eco 30ルーメン。
R0227501.jpg R0227502.jpg
R0227506.jpg



ワイドのHi 220ルーメン、Mid 100ルーメン、Eco 30ルーメン。
R0227508.jpg R0227510.jpg
R0227512.jpg



ちなみにNITECORE MT2Aだとこんな感じ。(2015年1月撮影)
これにはフォーカスコントロールはありません。
左がターボ345ルーメンで右がHi138ルーメン。
ISO1600 F1.9 1/15
R0022212-B_2017090904265865a.jpg R0022215-B_2017090904265922c.jpg



中々いいので自分用にも買おうかな〜





・サイズ:約直径29.5×160mm
・本体重量:約150g(電池含む)
・素材・材質:アルミニウム
・原産国:中国
・セット内容・付属品:本体、ストラップ、テスト用電池(単3形アルカリ電池×2本)
・明るさ:Hi/220ルーメン、Mid/100ルーメン、Eco/30ルーメン
・使用電池:単3形アルカリ電池×2本
・使用光源:高輝度チップタイプ白色LED×1灯
・実用点灯(約):Hi/5時間、Mid/9時間、Eco/25時間
・機能:2m落下耐久、耐塵・耐水(IP66準拠)、エネループ使用可能最大照射距離:約110m





GENTOS MG-732D、NITECORE MT2A、GENTOS SG-330、LED LENSER P6X
   




気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

Alpine DESIGN スクリーンサンシェード

前回のプールの記事で登場したサンシェードのことをちょっとだけ書こうと思います。
昭和記念公園のプールに行くことになったので、ちょっと調べてみるとみんなプールサイドでテントを張っていました。

じゃあウチにあるのも持って行こう。
確かコールマンのサンシェードがあったはず。
と思って、ガサゴソガサゴソとあちこち探しましたが見つからない。
ついでにビーチチェアも2つあったはずだけど見つからない。
こりゃ参った。

サンシェードだけでもあった方がいいな〜
ちょっと調べてみるとコールマンのスクリーンシェードアーガイルってやつが良さそう。
フルクローズにもなるから中で着替えもできます。
どうせ買うならこいつがいいな〜
61JTpdaGCqL_SL1000_.jpg



ということでいつものスポーツ某ソリティーに買いに行きましたよ。
この時はセール中で20%OFFで買い物ができます。
手前にあるのがコールマンのスクリーンシェードアーガイルです。
IMG_7262.jpg



でもね、色が黄色というか黄緑というかこれしかなかったのです。
ブルーがいいんだけど・・・
黄色は山積みなんですけどね〜
シーズン終わりだから仕方がない。

この黄色いのを買おうかな〜
と思ってたら隣に山積みになってるアルパインデザインのサンシェードを発見。
アルパインデザインはスポーツオーソリティのブランドですな。

見本は設営されてなかったけど、箱の写真を見る限り良さそうです。
サイズも高さもコールマンとまったく一緒。
それにいい感じのブルーがありますよ。
他の色ははベージュ×グリーンのオリーブがありました。
写真はアマゾンの商品ページより。
51ihyCURaTL_SL1080_ (1) 51AdlYDPYdL_SL1080_ (1)



コールマンより1000円以上安いしこれでいいや。
ということでお持ち帰りになりました。
R0227479.jpg R0227475.jpg



プール当日に張った写真はこれ1枚です。
遊ぶのに忙しく写真を撮り忘れました。
IMG_7268_2017090502394201c.jpg



そして突然の集中豪雨で雨撤収。
翌日も雨だったのでバルコニーで乾燥させました。
IMG_7505.jpg



メインの入口は前後にあります。
両方ともメッシュ、フルクローズにできます。
狭くて正面の写真が撮れなかったのでアマゾンの商品ページの写真です。
51379umFsUL_SL1080_ (1) 51lVQYf8yxL_SL1080_ (1)



左右の下部にメッシュの窓。
フルクローズはできますがフルオープンはできません。
メッシュかクローズのみなのでここからは出入りできません。
ここがコールマンと違うところでコールマンはフルオープンにもなるようです。
IMG_7507.jpg



ポールエンド2ヶ所は袋状になっているので一人でも設営が楽です。
山岳テントと同じですな。
反対側も袋。
IMG_7509.jpg IMG_7508 (1)



四隅に重しを入れる袋が付いています。
風がある時はペットボトルや砂を入れるんですな。
ちなみにペグ4本は付属してますが、張り綱はありません。
IMG_7510.jpg



中にはポケットが一つ。
両側に付ければいいのにと思うんだが・・・
IMG_7524.jpg IMG_7523.jpg



床に1ヶ所砂出し口があります。
無くてもひっくり返せばいいだけの話ですが・・・
グランドシートの素材は安物テントによくあるブルーシートみたいな生地です。
色はシルバーですが。
61hoAMCL_9L_SL1080_ (1)



そうそう、アマゾンで買う場合はこれの旧製品があるので注意しましょう。
旧製品は出入り口が片側しかありません。
51pwpuqhOFL_SL1080_ (1)



これが6458円の20%OFFで5167円(税込み)ならまあいっか。
パビリオンなどのシェルにインナーテントとしても使えるしね。



■ポールエンドスリーブに差し込むだけの簡単設営
■フルクローズ仕様で着替えも便利
■解放感のある前後ドア仕様
■砂出し口装備で室内のゴミもらくらく出せる
■使用時サイズ:約210x180x120(h)cm
■収納時サイズ:約17x70cm
■重量:約2.7kg
■UVカット:紫外線遮へい率90%以上
■付属品:ペグ4本、袋4個、収納ケース





   



気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

USB充電扇風機 その2

前回の記事で車内に設置するためのUSB扇風機を書きましたが、今回は手持ちで使える扇風機です。
http://tamackey.blog.fc2.com/blog-entry-1012.html

まあ、団扇の代わりとでも言いましょうか。
団扇があればいらないともいいますが・・・

外箱は怪しい香りがムンムン漂う中国語表記のデザインとなっております。
R0227147.jpg



中身は本体とMicroUSBケーブルとクリップの針金と取説です。
取説は中国語と英語のみです。
R0227148.jpg



折り畳んだ状態で卓上扇風機として使用できます。
R0227153.jpg R0227155.jpg
R0227156.jpg R0227157.jpg



底には滑り止めのゴムが付いています。
R0227158.jpg



羽根は大3枚、小3枚の6枚羽根。
R0227154.jpg



でもこのままじゃ角度調節ができないので、針金みたいなクリップを付けます。
そうすると上下のみ角度調節可能です。
また板に挟んで固定できるようになります。
板に挟めば縦や逆さでも使えます。
針金は溝に沿って取り付けましょう。右の写真はダメな例。
R0227170.jpg R0227167.jpg



伸ばすと手で持って団扇のように使えます。
R0227149.jpg R0227150.jpg



伸ばした状態で正面に電源スイッチ。
畳んだ状態だと背面になります。
スイッチは押たびに弱→中→強→停止を繰り返します。
風量は3段階。
R0227160.jpg



風量は弱でもそこそこあります。
音は弱だとそんなに気になりませんが強だとちょっとうるさい。



向かって左側には電池ボックス。
電池は18650 - 2000mAh。
動作時間は、8時間(低モード)、5時間(中モード)、2.5時間(高モード) となっています。
この電池をを3000とか3400mAhとかに交換すればもっと長時間運転になりますな。
それにモバイルバッテリーを使用すれば1日中回せるでしょう。
R0227162.jpg R0227163.jpg



電池ボックスの上にパワーランプ。
スイッチを入れるとブルーに光ります。
R0227166.jpg



向かって右側にMicroUSBの差し込み口。
充電中は赤ランプが点灯し充電が終わるとグリーンになります。
R0227161.jpg



amazonの商品ページには傘に付けてる写真が載ってるけど、どうやって取り付けてるのかな?
針金みたいなクリップでぶら下げてるんじゃろか?
71vSlQnrPQL.jpg 71U1BPL399L.jpg



前回買った車用のクリップ扇風機と並べてみました。
こちらの方がだいぶ小さいです。
鞄に入れて持ち歩けますよ。
R0227171.jpg R0227172.jpg



さて、いつ使うかな〜
登山にはちょっと重いし、キャンプでは活躍しそうだけど夏には行かないしな〜





製品仕様
カラー:ブラック
重量:170グラム(バッテリーが含みます)
サイズ:105×60×110 mm
バッテリータイプ:18650充電電池
バッテリー容量:2000 Ma
出力:4W
入力:5V/0.5A
充電時間:3時間
モード:三段階風量調節







   



気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

VARGO バーゴ・アルティメットファイヤースターター

火打ち石付きの火吹き棒です。
袋の中には日本語の取説も付いていました。
R0227109.jpg



本体です。
ぶら下げられるようにフックが付いています。
R0227110.jpg R0227111.jpg



フックの部分を外すと火打ち石が出てきます。
本体に付いているストライカーでシュッと火をつけるんですな。
R0227115.jpg R0227116.jpg



フックを外した後のフーフーするところ。
R0227117.jpg



反対側には小さい穴。
この黒いのは何でできてるんじゃろか?
プラスチックっぽいけどそれじゃあ溶けちゃうよね〜
R0227114.jpg



ビヨ〜ンと伸ばすと464mm。
R0227118.jpg



ファイヤーブラスターと並べてみます。
ファイヤーブラスターは600mmなので14cmほど短いです。
それでも長さは十分だし短くなるのがいいよね〜
R0227121.jpg R0227122.jpg



さて、いつ焚き火するんじゃろか。



●サイズ:長さ/464mm(使用時)、152mm(収納時)、直径/約15mm
●重量:53g







   

   



気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ村
FC2 アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
232位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
26位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内人気ページ
information




RSSリンクの表示
読者登録
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
入力されたメールアドレスはブログ管理者には通知されません。

  
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: