カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


台風2連発の北海道遠征 6日目(雌阿寒岳・雌阿寒温泉コース)

8月25日、北海道6日目最終日です。
前日の斜里岳に続きこの日は雌阿寒岳に登ります。
この日の夕方の便で帰るので、早めに出発しますよ〜

野中温泉の朝食。
部屋でおにぎり一つ食べて出発します。
IMG_4196.jpg



車は宿に置いていっていいそうなので、移動しなくて済みました。
5時40分、出発〜
5時に出ようと思ってたけど、寝坊やら準備やらパッキングやらで時間かかりました。
R0223369.jpg



今回のコース。




約50m歩いたら登山口です。登山ポストもここにあります。
活火山なので噴火しないことを祈ります。
R0223372.jpg



えっちらおっちら。
R0223374.jpg



一合目です。
ここは一合目から九合目まで標柱があってわかりやすい。
R0223375.jpg



三合目です。
三合目の先はハイマツ帯になります。
R0223379.jpg R0223380.jpg



登山口にもあったけどここにもこんな標識。
R0223381.jpg



続きを読む
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

台風2連発の北海道遠征 5日目(斜里岳・三井コース)

8月24日、5日目です。
北海道に来てから台風2つをやり過ごして、やっと登山日和になりました。
とはいうものの、台風が来てても観光で結構充実してましたけど。

この日の朝の天気図はこんな感じ。
いい感じで高気圧が近くにありますね〜
2016082403.jpg



登山口に向かうときに見えた斜里岳。
朝靄がいい感じです。
IMG_4165.jpg



あれ?林道に入るゲートが閉まってる?
ガ〜ン、台風の影響で通行止めみたいです。
ここから登山口の清岳荘まで7.9kmもある。
歩いたら2時間以上かかるかも。
しょうがないのでもう一つの三井登山口に行ってみましょう。
IMG_4168.jpg IMG_4169.jpg



あれ?またゲートが閉まってる?
と思ったら鹿よけの柵でした。
自分で開けてまた閉めます。
IMG_4173.jpg



そんなこんなで無事に登山口に到着しました。
R0223245.jpg



今回のコース。




6時50分、登山口を出発〜
このコースは何の下調べもしてないので、とりあえず行けるところまで行きます。
地図には「このコースはやせ尾根があり、ヒグマも多いため登山者少なく静かなコース」ですって。
ヒグマ注意って2ヶ所も書いてあるので、熊鈴を2つ鳴らしながら歩きます。
R0223706.jpg



少し歩くと沢沿いに登っていきます。
沢と行っても水は流れていませんでした。
R0223249.jpg



7時40分、沢登り終点。頂上まで約4.5km。
R0223253.jpg



続きを読む
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

北海道遠征登山 5日目(羊蹄山)

28日、北海道5日目です。
この日は羊蹄山に登る日です。

朝、足首を見るとまだ腫れています。
ちょっと動かしたり押したりすると痛い。
こりゃあ無理かな〜
でもせっかく来たので行けるとこまで行ってみよう。


今回のコース。



5時40分、比羅夫登山口駐車場を出発〜
R0212083-b.jpg R0212084-b.jpg


駐車場の奥に半月湖野営場。左手に水道。
R0212085-b.jpg


野営場の隣に登山口。左の白い箱がポスト。
R0212088-b.jpg


これによると頂上まで4時間20分。山と高原地図でも4時間55分。全然無理でした。
R0212089-b.jpg


6時05分、1合目。
R0212090-b.jpg


風穴。涼しそうだけど行きませんでした。
R0212091-b.jpg


6時25分、2合目。10分休憩します。
R0212093-b.jpg R0212095-b.jpg


続きを読む
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

北海道遠征登山 2日目(利尻山)

25日、利尻山に登る日です。
朝5時、宿の送迎車で登山口へ出発します。

10分もかからず登山口に到着。
利尻山に登る人のほとんどが、この北麓野営場登山口からの鴛泊コースらしい。
R0211799-b.jpg R0211796-b.jpg


今回のコース。



5時15分、北麓野営場登山口を出発〜
甘露泉水まで560m。
R0211801-b.jpg R0211802-b.jpg
R0211803-b.jpg


5時25分、甘露泉水。
めっちゃうまい。ここで水を汲みました。
R0211805-d.jpg R0211804-b.jpg


5時35分、3合目。270m。
R0211809-b.jpg


続きを読む
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

大雪山満喫ツアー その3(旭岳)

翌12日、北海道5日目。
本日は旭岳から黒岳への縦走予定でした。
んが、台風接近、前線停滞、もちろん天気は雨。
てことで、美瑛観光へ予定変更~


新栄の丘~
フォトフォト
フォトフォト


三愛の丘~
フォトフォト


ケンメリの木~
フォト


セブンスターの木~
フォト


昼食は「Caf'e rest 木のいいなかま」で、肉じゃがオムレツ?だったっけかな?
めちゃうまです。
http://homepage2.nifty.com/kinoiinakama/
フォトフォト


一通り美瑛の街を満喫し、チェックイン時間が来たので旭岳温泉へ戻る。

本日の宿は、昨日泊まった白樺荘の隣の「大雪山山荘」です。
なんでも旭岳温泉で一番安いらしい。
白樺荘より全体的にグレードダウンですが仕方がない。
ここは登山客メインのアットホームな宿です。
フォトフォト



翌13日、北海道6日目。
5時に起床するも外は雨。
昨夜の予報では午後から晴れるそうだが、晴れる気配なし。
そろそろ、縦走するか旭岳ピストンにするか決めなければなりません。
台風一過を期待したけど前線はあるみたい。
札幌は晴れてるらしい。
テンションダウンなので、準備ものろのろ。
6時発のロープウェイに乗れるはずもなく、駅に着いたのは7時半。
未だに雨は降り続いています。
縦走しても景色が見られなきゃしょうがないので、仕方なく往復券を購入し、山岳代行運転をキャンセル。
旭岳ピストンになりました。
まあ旭岳も百名山だし、北海道最高峰ですからよしとします。


今回のコース。



7時45分のロープウェイに乗車。
フォト


姿見駅(1600m)に着くもやむ気配なし。
「雄大な景色をご満喫下さい」ってたってこれじゃあね~
フォト


出発する気になれず、駅でコーヒータイム。

いくら待ってもやみそうにないので8時40分出発~
フォトフォト
フォト


姿見の池。
フォト


旭岳石室。
フォト


こんな所をひたすらえっちらおっちら登る。
途中、六合目から九合目まで標識があるので、あとどのくらいかわかりやすいです。
フォトフォト
フォトフォト


10時25分、旭岳(2291m)山頂到着~
相変わらずの雨、そしてここはお約束の強風。
写真だけ撮ってそそくさと下山~
フォト
フォト
フォトフォト


今気がついたけどコースタイムより1時間以上早く着いたみたい。
コースタイムが2時間50分のところ1時間45分で登ったようです。
トムラウシと十勝岳が大変だったのでここはすんなり登頂できました。
標高差は691m。


下の方に来るとガスが晴れてきました。
いい景色だ~
フォト
フォト
フォト
フォト


噴煙も見えます。
フォト


散策コースを半時計回りに回って景色を堪能。
ここはロープウェイ降りてからの散策コースです。
来れば誰でも見られます。
山頂に行った人だけしか見られない景色は見られなかったけど、まあいっか。
フォト
フォト
フォト


12時20分、ロープウェイ駅に着きました。
フォト


駅から見える「雄大な景色をご満喫下さい」ってこの景色だったのね。
フォト


山頂が一瞬だけ見えました。
フォト


駐車場に戻ってお茶タイム。
フォト


縦走しなかったので午後の時間が空きました。
じゃあってことで旭山動物園に行こう。(オヤジ二人で)
その前に遅めの昼食、蜂屋の旭川ラーメン。
http://www.hachiya-ramen.co.jp/
フォトフォト


16時、旭山動物園到着~
フォトフォト


アザラシ~
フォト

シロクマ~
フォトフォト

エゾヒグマ~
こんなでかいのに会わなくてよかった~
フォト


以降、動物の写真は割愛させて頂きます。

一通り動物園を堪能して、札幌へ移動。
札幌第一ホテルってビジネスホテルだと思ってたけど、結構立派なホテルなのね。
フォト
夕食は居酒屋で旅の成功を祝って小宴会。


翌14日、北海道7日目。
今日は東京へ帰る日です。
13時55分発の飛行機なので、午前中は羊ヶ丘へ寄り道してから空港へ。
フォトフォト


あっという間の1週間でした。
そして遊び尽くした1週間でした。
あ~楽しかった。
1週間お世話になったnaiさん、ありがとうございました~
また行きましょうね~
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

大雪山満喫ツアー その2(十勝岳)

翌10日、北海道3日目です。
この日は十勝岳登山口に近い白金温泉への移動日です。
朝、前日ぐちゃぐちゃに汚れた登山靴やスパッツを洗う。
ここは登山者ぐらいしか泊まらないので、ちゃんと洗い場があるんですね~
フォトフォト


10時20分、出発。
11時45分、狩勝峠。
ガスのため眺望はイマイチですな。
フォトフォト
フォト


13時50分、昼食は富良野名物オムカレー
有名店じゃないと思うけどおいしかった~
フォト


15時、風のガーデン。
ドラマを見てないのでよくわからん。
が、緒形拳の遺作ですね。
そのうちに見たいと思います。
フォトフォト
フォトフォト
フォトフォト


17時15分、キャンプ場着。
設営し終わったとたん雨が降ってきたので温泉へ。
フォト


夜の小宴会。
フォト


翌11日、3時起床。
撤収後、登山口である望岳台へ。
朝焼けが美しい~
左が美瑛岳、右から3つ目のピークが十勝岳。
フォト


右が美瑛岳、左が美瑛富士。
フォト



今回のコース。



5時10分、登山開始~
曇ってはいるものの、まあまあいい天気です。
風は多少あるものの、涼しくて気持ちいい~
扇風機の強風ぐらいの風で汗をあまりかきません。
フォト
フォト
フォト


5時55分、雲の平分岐。
コースタイムより15分巻きました。
午後から天気が悪いので早めのペースです。
フォト


6時05分、避難小屋。
振り返るといい景色。
フォトフォト


だいぶ登ってきました。
左が先程の避難小屋、右中に駐車場が見えます。
フォト


更に登る。
フォト


7時15分、雨が降ってきたので雨具を着る。
フォト


7時30分、昭和噴火口。
ここまで2時間20分、コースタイムは2時間45分なので、25分ほど巻きました。
フォト
フォト


7時45分、このあたりから風が強くなる。
ていうか、強風で立っていられない~
横殴りの雨がカッパの上からでも痛い~
すっ飛ばされそうになるので、たまにしゃがんだりして進む。
フォト


7時55分、更に登る。
すいません、この後余裕が無くて写真撮れませんでした。
ここが北海道じゃなかったら引き返してましたね。
あとで気付きましたが、途中で抜いた人たちが数名引き返したようです。
フォト


8時45分、十勝岳(2077m)山頂到着~
強風&大雨の為、写真だけ撮ってそそくさと下山。
フォト
フォト


9時20分。
あまりの悪天候に笑っちゃうぐらい楽しい。
フォト


9時40分、昭和噴火口。
登りの時とはだいぶ景色が違いますな。
フォト


10時45分、避難小屋。
あ~、遭難するかと思った。
あれほどの強風だと首から入ってくるのか、カッパの耐水圧が足りないのか、とにかくカッパの中までずぶ濡れです。
ついでにザックカバーしててもザックの中は濡れています。

naiさんの携帯が2台ともお亡くなりになりました。
オラの携帯も通話ができなくなりました。
カメラは無事でしたが、レンズが曇っています。

パンを食べながら他の2組3名と談笑。
フォト


11時05分、避難小屋出発。
フォトフォト


11時50分、無事に下山しました。
避難小屋を最後に出発したため最終下山者でした。
フォト


今回は午後から雨予報だったのでかなりのハイペースでした。
登り3時間35分。
下り3時間05分。(避難小屋での20分含む)
コースタイムは、登り4時間05分、下り2時間50分。
標高差1147m。
あの強風の中でこのタイムなので天気だったらもっと早いかもしれません。


その後は温泉に直行~
宿のドライヤーで携帯をガーーーーっと暖めたら3台とも復活~

そして旭岳温泉に移動するもキャンプしてる状態じゃないので急遽「大雪山 白樺荘」を予約。
午後はまったり過ごしました~
フォトフォト
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

大雪山満喫ツアー その1(トムラウシ山)

8月8日~14日まで北海道に行ってきました。
北海道へは仕事で3回?、遊びでも3回?ぐらい行ってますが、大雪山周辺は層雲峡で滝を見たぐらいでした。
今回は登山旅行、往復の飛行機と最終日のホテル以外は何も決まってません。

8日、8時羽田発、9時35分着の飛行機で千歳へ。
最初の目的地、トムラウシ温泉まで約200kmの移動です。

途中の夕張でお決まりのメロン~
うまかった~
フォト
でもコロプラのお土産を買い忘れショック~

目的地まで約60km、最後の街で水や食料を買ってると大雨~
こりゃあキャンプどころじゃないと言うことで宿へ電話。
急遽、東大雪荘に宿泊することになりました。

普通の部屋は空いて無く、ちょっと高めの特別室です。
初日から贅沢~
フォト

夕食も豪華。
フォト


翌朝、3時起床、3時45分出発、短縮登山口まで8キロです。
準備をして5時5分、登山開始~
ぐちゃぐちゃなコースを登ります。
フォト



今回のコース。



5時25分、温泉コース分岐。
フォト


更に登ります。
フォト


6時20分、カムイ天上。
ここまで1時間15分、いいペースです。
フォト


更に登る。
フォトフォト


と、思ったら下り~
せっかく登ったのに~
フォト


8時15分、コマドリ沢分岐。
ここまで3時間10分、半分ぐらい来たかな~?
タイムはちょっと遅れ始めました。
コースタイムより20分遅れです。
フォト


更に登る。
フォト


この岩場にはナキウサギがいるらしい。
一瞬姿を見ましたが、写真には撮れませんでした。
フォト


9時40分、前トム平。
ガスで景色が見えない~
ここまでの登りはきつかった~
さらに25分遅れです。
フォト


更に登る。
フォトフォト
フォト


霧が晴れてきて景色がよくなってきました。
フォト
フォト
フォト
フォト


やっと山頂が見えてきました。
フォト
フォト


11時40分、トムラウシ分岐。
山頂までもう少しです。
フォトフォト


12時30分、トムラウシ山(2141m)山頂到着~
ここまで7時間25分。
コースタイムは6時間20分なので1時間5分遅れですな。
フォト


曇っているもののまあまあ景色を満喫。
晴れてたらもっとすばらしい景色だろうな~
山頂では外人さん3人を含む6名が昼食タイム。
フォト
フォト
フォト


あまりゆっくりしてると日が暮れるので、13時10分下山開始。
登ってくるときよりガスが晴れて景色がよく見えます。
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト


14時55分、前トム平。
来るときはガスだったけど、帰りはよく見えます。
もしかしてあれは山頂かな?
フォト


下りも長い~
フォト
フォトフォト
フォト


登り返しはきつい~
フォトフォト


17時40分、カムイ天上。
ここで25分休憩。
フォト


とうとう日が暮れました。
フォト


19時15分、無事に下山しました。
下り6時間5分。
コースタイムは4時間30分なので、1時間35分遅れ。
のんびりしすぎました。
フォト


しかしこの山は、ち~か~れ~た~
標高差1181m、14時間歩き通しです。
もうヘロヘロ~

泊まる宿を予約してなかったので、またしても東大雪荘に宿泊。
空いててよかった~



トムラウシ山と言えば、去年の遭難事故が記憶に新しいですね。
今回のコースとは違いますが、無理をせず気をつけたいものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%B7%E5%B1%B1%E9%81%AD%E9%9B%A3%E4%BA%8B%E6%95%85
気が向いたらポチッとお願いします→ ブログランキング・にほんブログ村へ   





    

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ブログ村
FC2 アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
698位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
57位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内人気ページ
information




RSSリンクの表示
読者登録
このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
入力されたメールアドレスはブログ管理者には通知されません。

  
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: